Archive for 3月, 2012

年齢に関係なく。ただし、年齢に即した何かを。

0

 

生え抜き。プロパー。その会社でフィロソフィーやスキルを一貫して体得してきた、その会社と業界の「酸いも甘いも」を、職業人として感じている人。

 

中途。転職者。その会社のフィロソフィーやスキルに間家なく、「酸いも甘いも」知ったことじゃない、と自分のパフォーマンスでチームや会社、ひいては業界へ変革をもたらすことを期待されている人。

 

後者には、前者よりも多少の社外経験がある分だけ、その価値を出すことをなおさら求められるのだけど、それって同年齢で比べる際の限界があるというか。

若いころなら、比べて、切磋琢磨、というのもアリだろうけど今は成果を出すことに全力を注がざるをえないので、意識のアンバランスを共有するとか、そういう「甘っちょろ感」はおくびにも出さずにもくもくと仕事をしているRegainです。

 

判る人にわかれば良いという文章は、かなり意味がないか或いは芸術的かどちらかだけど。。。色んな意味で、ああもう少し若かったらなあ、と思うことが最近多かったのでちょっとメモ。

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




お客さんに「優しい」仕事、してますか?

0

 

今週も帰ってこれることに感謝しつつ週末を読書と仕事にいそしんでおりましたが、気分転換も含めて近所のイタリアンへ。 2週間前に会っているのに、すごく久しぶりな気がして会話が弾んでしまったのでそのまま飲みモードへ突入。

エントリーの言葉は、コックであるY君が、前の職場で先輩から言われた言葉だそうです。コックとして働くので厨房に専念するのは当たり前。そこから先が自分の付加価値をどう出せるかであって、最終的にお客さんが何を望んでいるかで厨房側の動きも当然変わる。

わざわざ足を運んでくださったお客さんがメニューにはないけれど組み合わせで作れるような前菜一皿を希望した際に、画一的に「それはメニューにはありません」とお答えするか、「ちょっとコックにできるか聞いてきます」と言って対応を柔軟にするか。

さらに言えば、ホールであろうが厨房であろうが一体感を持ってお客さんを満足させるために動くのがリストランテの基本中の基本と言うならば、画一的な対応をするお店は料理が素晴らしければ継続性は望めるでしょうが発展性は望めないのだ、みたいな話をしてくれました。

「いいっスよ。切るだけですから」

こうサラリと言って、お客さんの目の前に出された前菜の組み合わせは、料理のおいしさだけでなく、お店の優しさを感じさせる素敵なサービスとして映ったに違いありません。

深い話です。 

でも、シンプルな行動原理だと思います。

自分のしている仕事の範囲はそれとして見極めつつも、「誰に」「どうやって」喜んでもらうか。

どんな仕事も結局これに尽きると思います。

いい話をありがとう、Y君。

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




体調管理も仕事のうち?

0

 

鎌倉へ帰ってきました。 最近の土日の過ごし方はこんな感じ。

1)金曜夜: 帰着後、待っててくれるヨメさんに感謝しつつワインを一杯。週末の計画を立てる。

2)土曜日:立てた計画にもかかわらず、ほぼ昼迄睡眠を確保してしまい、実際の活動は午後から。 由比ガ浜近辺だったり、鎌倉市内だったりを散歩するなど。買出しもたまに。 夕食は1週間待っててくれてたヨメさんをねぎらう意味も含め、家に居ると黙々と読書にいそしんでしまうRegainを引っ張り出す意味も含め、外食することが多し。

3)午前中は10時ごろから活動開始。散歩・読書・仕事を中心に一日を過ごす。考え事をする時間が多い。

結構、月曜日から金曜日まで走り続ける仕事なので週末に体調を整え、精神面でも安定した状態に戻した上で来週に臨む(ただし、日曜にも仕事してるので完全にリフレッシュする事は少ない)ってな状態が1月以降ずーっと続いてます。 なんとか、この「安定体調・精神」を確保できる方法はないかと思って最近ようやく見つけた一つの解決案がマッサージ。

いやー、リラックスしますわ。首も肩もバキバキに凝っていた部分が見事にほぐされ、かつ頭もリフレッシュできる60分は自分だけでは作れません。

ちなみに、Regainはこちらをご愛用。

鎌倉温石整体院 樂

当サロンおすすめの「温石オイル整体」とは、温めた石で、緊張して固くなった筋肉をほぐし、さらにオイルで深部までほぐして、疲労物質や老廃物を流していく整体術です。慢性的な肩こり、腰痛、冷え症、むくみなどにとても効果的です。

店舗写真

鯛焼き屋だった当時は見向きもしなかったのですが、もうRegainにとっては欠かせないヒーリングサロンになりつつあります。どうもありがとー!

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




考える方法

0

 

そんなこ難しい題名でなくてもいいんですけど。

腕組みしながら目を閉じている人が電車の中で二人。 あるいは、道を歩いている人が二人。 その「ありさま」は見た目には変わるところはありませんが、その二人がその時間に考えていることや思っていることは全く違うわけで。

普段、僕らはどうやってモノゴトを考えてるかなあって思ったときに、おおよそ3つくらいの組み合わせでこの作業をやってるんじゃないかと思われます。

① 紙面を見ながら書いてゆく

② 言葉を口に出さずに、脳みその中で言語化しながら自問自答する

③ ぶつぶつと独り言を言う

人によってスタイルは違うけど、だいたいこんな感じだとすると、そうでない時は脳みそは何を強いるんだろうなと。 ホラ、よくいるじゃないですか。言葉が口からあふれ出てとまらない人っていうのはいったいどういう思考方法をしているんだろうなあと思うのですが、そういう人はその泉をどこに蓄えてるのかっていうと、きっと②のプロセスが多い人なんじゃないかなあと。 脳みそは使ってナンボ、とよく言われますが「脳みその鍛え方」というカテゴリーがあるとすれば、その中で「考え続ける方法」みたいなものもきっとある筈で、最近のRegainはぜひその方法というかプロセスを鍛えなおしたいなあと思うことが増えています。 黙っていながらに脳みその中でコトバで考え続ける方法、もしくはトレーニング、みたいなものの指南書ってないのかなあ。 ぼんやりと視界に入るモノゴトをスクリーンセーバーみたいに流しながら言葉を脳みその中に「ひらめかせる」ことは得意なんだけどなあ。 

いや、何ともまとまりのないエントリになっちゃいましたが「考え続けることの難しさ」みたいなことを言いたかったんですけどね。 

 

ああー。

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




Go to Top