Archive for 9月, 2012

日本の中小企業が元気になる、ということ

0

 

迫りくる台風の猛威に嬉々&戦々恐々としながらも、今日は故あって湘南のとある高名な企業をご訪問させていただきました。 

Regainが前職の家電メーカー勤務時代から実はずっと興味深く思っていた、茅ヶ崎方面にあるその会社は、1950年に創業。家族を中心にずっと精密部品を手がけてこられ現在に至る、ある意味「日本を代表する中小企業」的な位置づけの会社と言っても良いかと思います。 

この会社の経営者とお会いして、ひとつの大きな示唆を得ることができたので、ちょっと共有したいと思い久しぶりに「まじめ記事」を書くことにしました。

この会社ではこれまでずっと、顧客企業の求める仕様を満足する部品を作ることがその会社の存在意義でした。そして、バブルやリーマンショック等、度重なるマクロ環境のインパクトを直接的に受け、かつソニーやトヨタなど、「代表的製造業」が生産拠点を海外に移すに伴ってあれよあれよと言う間に受注が激減。このまま進めば廃業か、という時期もあったと言われていました。

現在経営の中心として動いている、オーナーご子息はずっと東京の企業で働いていたのですがそうした存亡の危機に瀕している家族の会社をなんとかするべく、数年前にこの会社に参加。

彼が取った打ち手は非常に独創的でした。

  • 日本の部品メーカーとしての本当の強みは、「部品=製品」に現れる、「設計力」であり、そうあるべく自分たちを変えてゆくべきだ。
  • そのためには、同業他社と競合するのではなく、助け合いながら付加価値を追及し、自分たちの業界全体で連携しながら強み=設計力を高め、双発してゆく姿勢が必要だ。
  • つまり、身を削るような価格競争は、本質的に意味を持たない。展示会で顧客企業の前にずらりと自分たちや競合が並んで指値で戦う図式はもはや、われわれが行うべきことではない。
  • その意味で、「購買担当」がわれわれのお客ではない。
  • 真のサービス=設計力=を武器にするためには、部品製造力ではなく、部品を使用する、「最終製品の付加価値をどう高められるか」を自分たちが提案できるレベルに達している必要がある。
  • そして、最終製品は、コモディディ化し、EMSや台湾・中国ODMが事実上の生産者である家電業界でもなく、エコシステムが閉じている自動車業界でもない。
  • 日本は重要な「場所」。ただし、この場所に存在する従来の顧客に対して価値を提供する従来的な手法ではなく、海外の、そして高度な部品技術を求める企業へアプローチを直接行うべきだ。

。。。この戦略に従って、この会社は将来的な重要産業(ここでは明かせないのですが)が数多く存在するヨーロッパに単身足を運びます。

そして、現在のこの会社は、欧州企業とアライアンスを組みながら、あくまで「日本の部品メーカーとして」部品の設計をベースにした「最終製品のコンサルティング」を行うに至っており、近い将来には日本・欧州チームが一体となる製品開発を協力に推し進める協業体制を構築する計画を着々と進めています。

 

何が、この会社を変えたのか。オーナーご子息の存在が大きいことは言うまでもありません。

ただし、それだけではない。重要なのは、「従来受身だった」会社が、「自ら積極的に行動を起こした」事が、最大の要因なんだと思っています。時代の潮流だけを切り取れば、ミャンマーへ、ベトナムへ、という形で「メディアに流れるグローバリズムへの追随」という形で海外へ出てゆくことも、これまた「受身」と言えてしまう側面も非常に大きいのではと思います。

そうではなく、「自分たちの強みは、何であるか・何であるべきか」、そして、「本当のお客は誰か、誰であるべきか」、「自分たちはどう行動するべきか」。この3点を本当に悩みぬき、必要なアプローチを愚直に進めてゆく。自分たちで。

この危機意識と行動力に、正直Regainは鳥肌が立ちました。

まだまだいける!日本の中小企業!!

追伸:知る人は既に知っているこの会社ですが、もし実名をお知りになりたい方はRegainのメールアドレス(ページ左のプロフィール欄に記載があります)までご連絡いただければ、ご紹介させて頂きますよー。

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




リフォーム構想、スタート

0

 

鎌倉に移り住んで約3年、そして40歳が目前に迫ってきた中で、実はこの家に住むときから「やろう!」と決めていたリフォーム。

DSC03833現在の住まいは中古の注文住宅なのですが、どうにもちょっと変わった間取りで部屋に光が入りづらかったり、カビの温床地帯があったりといろいろ改善したい所が満載なのでした。 

これを、前面的に&斬新に変えたい!という風に当初は思っていたのですが、いざ見積もってみるとアレヨアレヨと言う間に1,000万を軽く超えるじゃありませんか。

こりゃ手ごわい、、と思いながらも計画(イメージ)だけは火種のように持ち続けていました。そして、40歳になる前にどうやって・いつリフォームを実現させるかを逆算していったら、もうそろそろそのタイミングなのだということに改めて気づかされたのがつい数ヶ月前のこと。

週末しかじっくり話すことのできないヨメさんと、「いつやる?」「最低限にする?」「やっぱデザイナーさんに入ってもらう?」などなどの話を繰り返し、最終的な方向性はおおむね決まったのでご報告;

  1. ヨメさんの夢である、カウンターキッチンを中心に、「会話の弾む家」が基本コンセプト
  2. ご近所で親しくさせて頂いている方々もわいわいできる、「人の集まる家」
  3. 従来不便と感じていた、「カビ」「暗さ」を改善する「暮らしやすい家」
  4. 長時間過ごすヨメさんが、「楽しい」「落ち着く」ための工夫が施されていること
  5. 将来ここを事務所にすることを想定した、一定の機能性が確保されていること

。。。コンセプトを形にするのはやはり至難の業です。もともと多少絵心(スケッチね)のあるRegainですが、部分イメージは描けるものの上記方向性を完全に満たす全体像はなかなか素人には難しいものでして。 

いろいろ調べまわった・探し回った挙句、デザイナーさんに一度コンセプトを聞いてもらってイメージを作ってもらおう!ということになり。ここ湘南エリアではつとに有名な、パパスホームの井手しのぶさんにお会いすることに。すでに初めてお話ししてから3週間ほど経つのですが、さすがプロ!見積もりやお話をいろいろ伺いながらコンセプトを詰めているところです。

これから色々と実現に向けて詰めることが山盛りですが、一気呵成にやっちゃいまーす!

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




3連休の過ごし方

0

現在Regainが従事しているプロジェクトは小売 x 金融の再編という、全体のスコープからするとかなり面白いプロジェクトなのですが、一般的な休日の概念が通用しない業界の方々なので実は、大変に戦々恐々としておりました。 

が、クライアント⇔コンサル間の業務分担が明確になったおかげでこの連休は久しぶりに心やすらぐひと時になりそうな感じ。 そうなったら着手するしかない!ということで、久しぶりに「いじりたい」熱がふつふつと。取り寄せていた品々で、いじっちゃいました。 

そう、クルマを。 Regainのクルマはヨメさんのご親戚から格安で譲っていただいたものなのですが、「新車に乗り換えるか、乗り続けるか」という選択肢のうち、Regainは後者を選びました。 だって、潮風キツくって新車は(というか、最近のカッコいいクルマは)想定以上に痛んじゃうし、そこまで「これだ!」というクルマもなかなかない(というか、高い)ので。

。。ということで。

クルマをいじる、というのは実はRegain初めてでして、先人のネット上の偉業と部品のにらめっこ。画面と部品を何回見比べたことか。。

それにしても、クルマというのはいじり始めると止まらないものですね。 

住んでいる近所の方々はベ○ツやB○WやLe○usなど、高級車ばかりのなかでおんぼろカーをいじっているのが興味深いらしく。

いろんな方々が「楽しそうねー?(笑)」とか、「新しいの買ったらー」などの暖かい声援を下さる中でなんとか完成!

いやー。成果は以下の通り;

・染め直した新規ハンドルへ取付け(エアバッグ装備のハンドルは暴発することがあるらしい)

・センターパネルをウッドへ取替え(案外、簡単に交換できる)

・シフトノブを、ゲンコツタイプからマニアックなセリカのものへ(電気系の調整あり)

この作業中は、途中、ご近所のAさんから「わかるよ。。日々の仕事のウサ晴らしだね。。」というコメントを頂いたのですが、言われてみればそうかも。 盆栽いじりと同じなのかもしれません。

でもいいのです。今までやってなかったこと・やりたいなあと思っていたことを実現する、その一つ一つの積み重ねなのだ。 やりたいことをやる。その成功体験の積み重ねって、人からバカにされようが何だろうが、大きな意味を持つのだろうと独りごちながら二日目を終えた3連休。 

うーん、久しぶりのエントリなのですがこんなオタッキーなネタで恐縮です。

本当は、仕事で直面する諸々のトピックや、将来に向けたRegainの動き方とか、猛烈な読書のレビューとか、近所のみなさんとの飲み会の様子とか、行きたいJazzのライブとか、いろいろお伝えしたいなあと思っているのですが、それらはいずれ。

もうちょっと、もうちょっと!

【クルマをいじる際の参照リンク:乗っている車がバレますが】

http://minkara.carview.co.jp/userid/132793/car/29070/77148/note.aspx

http://celsiorup.com/custom/128shiftknob.htm

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




共通の目標を持つ

0

 

最近の平日はヨメさんとほとんど話ができなくなったRegainだけに、週末は極力会話を深めたいなあと思い(ワインなど飲みながら)いろいろと1週間の出来事を共有したりしてます。 

てか、「共有」というのはちょっとおこがましいですかね。Regainの悩みを聞いてもらうだとか、平日にヨメさんが思うところだとかを深く掘り下げるとか、そんなことをしてます。

場合によっては夜の2時くらいまで話し込んだりすることもあるのですが、最近の会話の中心は、もっぱら「ふたりで何を目指そうか」ということ。 コンサルに移って怒涛の平日を過ごす中で気づいたのは、仮に現在が「経過点」であればなおさら、その後の「目指したい」「実現したい」姿を夫婦二人で方向性づけることが重要だ、という事でした。

前職のときにもこの点については会話を深めてはいたものの、あと数年すると40歳(!)を迎えるRegainにとって、いつまでも夢物語を語っていられないし、実現したいことならヨメさんと方向性をきちんと合わせて(かつ、ヨメさんの思いは十分含めつつ)取り組む必要があるなあと思う次第です。

会話って毎日あるに越したことはないでしょうが、短いからこそギュっと絞った内容を行うことができるものだと感じます。 ま、絞り込んだ内容ばっかり話していても窮屈になるので、そのあたりはメリハリをつける必要があるんでしょうけど。

もうちょっと、もうちょっと

(意味不明!?)

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




Go to Top