プロフィール

カミングアウト!

0

 

母の日に、こんな手紙を書きました。

そして、最近めっきり更新していなかった当ブログの読者の方々へもご報告です。

後付けの報告になるんですが、経営コンサルティングの仕事、思い切って辞めました。

辞めたのは、XX月です。

収入は確かに増えたんだけど、「これがやりたかったことなのか?」と考えたときに、負の部分が余りにも多すぎました。

Reginの基本的なスタンスとしては、家族を大事にし、且つ残りの人生を最大限に充実するための位置づけとして、いわば「職業人として独り立ちする前の、最後の修行」と思って入ったんだけど、修行の先にイメージできたこと、修行中の自分と家庭の両立など、自分の思い描いた方向と違いすぎました。 要は、「合わなかった」ということだと思います。

Regainは、社会人になるときに、大企業で培ったものを活用して社会にインパクトを与えるような仕事がしたいと思ってました。

その時の身の置き方が、大企業に属するでもよし、ベンチャーに勤めるでもよし、独立するでもよし、それは自分の考えとどれだけ合致しているかで決めればよいと考えていました。

ただ、今は大企業のメリットやデメリットもよく判ったし、もうフラフラできるような年でもないので、総合的に考えると「独立」の方向で準備をいろいろと進めることにしています。

 

ヨメさんからは、結果を出すことを条件に、年内いっぱいの猶予をもらいました。

これが僕の最後の「チャレンジ」になると思いますが、楽しんでやろうと思います。
怒られるかもしれませんが・・

これで結果が出せない場合は、サラリーマンに戻ることになるんだろうなーと思っていますが、今までのように転職などをせず、「真面目に勤め上げる」「家庭は大切にする」ような形で人生を送ることにしようと二人で話し合いました。

報告が遅れてすみません。

もしかすると、「どうせそんなことじゃないかと思っていた」と言われるかもしれませんが、自分の最後のチャレンジを、自分の中でどう整理するか、うまくできないまま時間が過ぎてしまいました。 

今は準備期間という感じではなく、自分で決めた日々の作業を黙々とこなしながら、これまで会えなかった様々な方の話を伺ったり、自分の考えを整理しながら鎌倉5割、都内5割みたいな感じで活動をしています。

その意味では、自由な時間を一番取れる時期でもあります。

今回の報告が遅れた件を許してもらえれば嬉しいと思うのと、時間的にはいちばん二人に合わせやすい環境にいるので、思い立った時でもいいのでいつでも遊びに来てください。

返す返す、不肖の息子だなあ。落ち着かずにすみません。

。。。いやまったく。 外から見れば「何してるのあそこのダンナさん?」的なスタンスで臨もうとしているRegainに対する、ヨメさんの温かい理解と許容に対しては頭が下がりません。

他方、これまで転職こそしているものの、「浪人」や「留年」など、いわゆるブランク期間に「自分なり」を熟成させることのなかったRegainにとって、これは残りの人生を考えた際の「総決算一歩手前」的な状況として位置付けています。

イメージ的にはこんな感じ;

 

image

個人としての生き様を基準にした生活と、地域・社会に向けてこれまでかかわってきた内容の混ぜこぜを現代における「生業(なりわい)」と呼ぶのであれば、人生折り返し地点に向けた、将来ベースでの「生業(なりわい)確定期」としてこの期間を大切に過ごそうと思っています。

その意味で、当ブログのテーゼでもある「人生を、豊かに生きる」ことに対する実践と蓄積の最終発表のタイミングが間もなく訪れている、という言い方もできるのかもしれません。

当ブログでは「自分の年齢=バージョン」に置き換えて、「Ver 3.70」で止まったままになっていたのですが、本来なら今年は「Ver 3.90」そして、来年は「Ver 4.0」。

新バージョンのリリースに向けた追い込みの時期に、Regainは入ります。

 

※生業の対義語ってなんでしょうね。Regainは「道楽」と思ってますが、なんかしっくりきません。

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




2013年の目標設定

0

 

新しい年を迎えるにあたり、Regain家では夫婦そろって「年始のゴール設定」を行っています。

一番良いのは元旦の静けさの中で自分と向き合い、得られたインスピレーションを紙面に一気に書き落とした後、読み返して仕上げる、というスタイルだと思っているのですが、今年はリフォームだなんだかんだとあったので「年末・年始」感覚が若干後ろにズレてしまっていますので書き起こし作業はこの週末に持ち越す予定でおります。

とは言え、新年の静けさは貴重なもの。

書き起こす前段として、自分の備忘録的にここで軽く設定しておくことにしました。

まずは昨年の目標の振り返り。

【2012年の大目標】

「慌てず、走る。」

【2012年のサブ目標】

① 自分の経験知を文章化できるレベルまで落とし込んで、ノウハウとして何でも良いのでひとつ纏めてみる(仮に現職をクビになってもいいように(笑))

② 似たような意思や行動をしている友人を積極的に増やし、シナジー効果を狙った上でそうした友人(職業や年齢はきっと問わない)と、ひとつ「仕掛け」を作ってみる

③ 従来以上にここ鎌倉だったり日本・世界だったりへの関与を「自分の名前で」取り組んでみる(会社の名前でなく)

大目標の振り返りとしては、『いやあ、走り切った・・』というのが正直なところです。

 さまざまなプロジェクトに携わる機会を得る中で、コンサルとしての基礎・応用を怒涛の勢いでキャッチアップしながら、一定のレベルで自分の強みや弱みを把握することができたのが最大の成果と言えるかと思います。 また、その代償と言ってはナニですが、家庭での時間を相当に犠牲にせざるを得なかった点が最大の反省点ですね。 30代後半ともなれば必然的に「仕事と家庭(家族)」を意識せざるを得ない中で、若手コンサルと一緒に体力の限界まで仕事をやり抜く、という作業を繰り返す中、「コンサルとして大事なもの、人間として大事なもの」などを常に問いかけながら走り続けた1年だったとも言えます。

そして、サブ目標。

①は纏められる時間が全く作れなかった、というので評価は×。

②については業務上でもプライベートでも、同じような活動をする方々と一緒になっていくつか仕掛けを施し、それなりの評価もいただくことができたと思います。○。

③は、、、そのレベルに達する一歩手前で終わったなあ、というところ。個人の名前を売り物にするコンサルファームの環境の中での評価をするならば、名前はほんの少し出せたかな、と。コンサルとしての活動をプライベート(共同体・社会的な意味で)に還元することが十分に出来なかった点が、今年の課題と言えるでしょう。

では、今年。

 

【2013年の大目標】

「やろう、やりたいと思ったことが何であれ、実行し、次につなげる」

【2013年のサブ目標】

⓪ 家庭や友人、そして両親などの「大切な人たち」を大切にする環境の確保とともに、職業人として生きるか、事業を行うかの最終的な結論を出す。
   → 3月ごろまでに

① 経験値をノウハウ(文章)化するための、打ち出す方向性を決める。
   → 6月ごろまでに

② 自身の事業と呼べるものを、トライアンドエラーを繰り返しつつも明確化させる。
   → 9月末までに

③ 同じ志を持って活動をする方々を従来以上に応援する一方、彼らとのアライアンスを積極化させる。場合によってはメディア等も活用するアプローチで。
   → 12月末までに

 

今年は、昨年見えてきた「何が大切か」という手がかりを大切にしながら、自身の進むべき方向性やアプローチを具体化させる、重要な一年としたいと思います。

奇しくも、友人でもあり先輩でもある理央さんが、年始のブログで目標設定のためのアプローチ軸としてSMARTを書かれています。これは本当によくできた内容なのですが:

 □  具体的な目標値    =Specific を設定する
 □  計測可能な目標値   =Measurable を設定する
 □  達成可能な目標値   =Achievable にする
 □  根拠の明確な目標  =Reasonable に設定する
 □  時間軸を明確にした目標=Time-oriented を設定する

人に対してこれができても、こと自分に対して実践するのは本当に難しいもの。

だからこそ、今年はしっかり向き合って、落とし込むことにしたいと思います。

素晴らしい1年にするぞ!

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




さあて。決意表明。

2

 

師走に入る季節のチョイ手前な訳ですが。

この度、現職を辞することにしました。

プロフィールにもあります通り、社会人になってから約15年。主に海外畑を中心に会社設立・営業・マーケティング、商品企画、ビジネス推進、サプライヤーコントロール、事業企画、、と言ったかなり広範囲にわたる職域を経験する過程の中でずっと考えていたのが、僕には何ができるのか、そして何がやりたいのか、何を極めたいのか、という事でした。

Broadな領域を、密度濃く経験する中で感じたのは、それぞれの職域における業務の面白さはもちろんのこと、それに伴う奥深さと難しさでしたが、逆にこうした全方位的な領域をカバーし、一つの製品ではなく今後の日本の企業が成長する為のお手伝いをする仕事ができないか、それがやりたいことではないのか、と思うに至りました。

決めたのはお盆前。結構前なので、現在の会社の方々には当然お知らせさせて頂いている訳ですが、「会社辞めます」というと、転職するの?とか、起業するの?と良く聞かれる訳です。 ただし僕の中では「転職したいから」とか「起業したいから」とか、そう言った言葉の範疇から会社を辞めようと考えたと言うよりも、「やりたそうな事の方向性」みたいなものが見えてきて、それはもしかすると今の会社では出来ないかもしれない、という事が年を重ねるにつれて少しずつ判ってきたからという方が判りやすいと思うんです、と度々ご説明をさせて頂いてきました。 もう少し率直な表現をすれば、このままマネージャーになり、いわゆる家電メーカーのある部署の統括職(或いは更に上位)としてマネジメントを行う自分の姿が だんだん想像できなくなってきた、とでも言えるでしょうか。

もちろん、今の仕事そのものはこれまで当ブログでも数限りなく書いている通り、日本を相対化する視野を持ちながら、経済を支える代表的な家電メーカーに身を置く事で、グローバルな製造環境をどうやって構築するか、だったり、コストを下げる為のしくみや交渉を行うか」だったりとエキサイティングであると同時に、休暇などで大変恵まれた環境を提供してくれる素晴らしい場所であることは間違いないです。 40歳を目前にこうした悩みを抱くのは別に珍しいことではないかもしれませんが、このタイミングを逃してしまうと現職を通じて求められる責任もこれまでとは比べ物に無いくらいに大きくなってしまう。そうなってからウジウジ何かを悔やむよりは、不確かかもしれないが、見えてきた方向にチャレンジして、失敗した場合でも得られる成果は大きいだろうという判断を取りました。(方向が定まらない中でチャレンジするのは確実に失敗すると思うのです)

そうした判断の直接的にも間接的にも後押しをしてくれたのは、家族や両親は勿論のこと、日本・海外を問わず新旧深く交流させて頂いている友人・先輩だったり、鎌倉投信を通じて知り合った素晴らしい理念をお持ちの方々だったり、IVSでご面識を頂いた方々だったり、するのですが、何と言うかブログを始めて得られた自分自身の広がりと、既に可能性を見据えてチャレンジしている方々の前を走る姿だったり、そしてこの場所でライフリッチに生き生きと生活を送られている方々の笑顔だったり、そうしたPlanned Happenstanceの総体が今回の退職につながっているように感じています。

更に言えば、当ブログのテーマでもある「人生を豊かに生きる」というのは、お金が沢山あったり、時間が沢山あったり、という「余裕のある環境」を必ずしも意味しないのかなあと。むしろ、与えられた時間をどう有意義に使うか、それを考え続けながら生きてゆくことこそが、豊かに生きている証なんではないかと最近よく考えます。その意味では、これまでの自分の半生を振り返るとライフリッチな時間を過ごしてきた瞬間もあれば、そうでない瞬間もありました。 ここからは、人生の折り返し後半スタートラインに立つものとして、手探りの挑戦者として、そして人生を楽しむものとして、新しい環境に自分を置いてみたいと思います。

という事で、退職は10月末。

その後は、某コンサルティングファームでクロスボーダーのM&Aに関わる組織設計や各種オペレーション構築などのお手伝いと実行支援に関わる仕事に従事します。

コンサルという職種は、ゆとりをもった人生から考えると真逆の方向に当たります。これまでのような時間の過ごし方はできないかもしれない点については相当の懸念もありますが、体力的に(まだ)元気なうちにインプットとストレッチができる環境に身を置いて、自分のアウトプットの質を上げた上で、職業人としてのラストスパート時期に向けて準備をしてゆきたいと思います。

。。あ。

当ブログはこれまで通りコンセプトを変えることなく継続します。

今後ともご支援のほどをー!

Regain

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




桜は日本のタマシイだ

1

DSCF4134

近所の夜桜です。思わず立ち止まって見とれるほど見事でした。

Regainが鎌倉に住むことを決めた大きな理由の一つに、「日本らしさを十分に味わえる環境」があります。ヒルズも目黒川も魅力あふれる住環境なのですが、「四季」こそが日本の一番の特徴だ!と信じて疑わないRegainは、この原風景に常に触れていたい、と思います。

ちなみに。国を代表する花というのがありますが知ってました?

NYに半年ほどいた時にアメリカ人から教えてもらって驚いたのは、アメリカには国花が無い、という説がアメリカに存在していること。 移民国家を象徴する認識ですね。他方で、州花はあります。

ニューヨーク州は「バラの花」、フロリダ州は「オレンジの花」、アリゾナ州は「サボテン」、ハワイ州は「ハイビスカス」という感じ。

面白いですよね。 ちなみに今は、セイヨウオダマキ・コロラドオダマキとして定義されているようです。 経済紙面を賑わせる世界の国花は以下のとおり。 こちら、山本純士さんによる季節の花300から引用させていただきました。 参考になります!

日本 : 桜  image 、 菊 image

韓国 : 木槿 image

中国 : 牡丹 image

台湾 : 梅 image

インド : 蓮    image or 睡蓮 image

イギリス : バラ image、 アザミ image、 水仙 image

ロシア : ヒマワリ image

アメリカ : セイヨウオダマキ・コロラドオダマキ image

Hatena タグ:

↓↓↓ 応援のクリック、宜しくお願いします! ↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ image image image

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




LifeRich研究所 Ver 3.40

2

はじめまして。
ブログを始めるにあたって、背景と経緯、ブログの目的をご紹介します。
海外生活の多いサラリーマン半生を過ごしていましたが、
日本に腰を落ち着けてあっと言う間に3年が経ちました。早いものです。

この3年の間に、グローバルビジネスの視点から見た際に感じる「ここがヘンだよ日本人」的な違和感は当然のものとして受け入れながら生活を送る一方で、他方でやはり自分自身の生まれた国で生活を送る事の素晴らしさを海外在住の際に想像していた以上に強く感じるようになりました。

そんな中、運命的な出会い?なのか、9月から鎌倉に居を移す事を選択しました。

ええ、マイホームってやつです。

自分でも意外な程の即断でしたが、ある意味 自然な流れなのかもしれません。。。

四季がもたらす素晴らしい自然=原風景としての日本と、今を生きる日本人の根底に流れるメンタリティはこれからもずっと変わらないと信じています。 それと同時にストレス社会と言われる日本の生活の中で見落とされがちな素敵なもの、ことがらの中で、発見できてないものも随分たくさん有ると思います。

見つけたときに書いとかなきゃ!という事で、このブログでは、そうした情報ピックアップを、私なりの視点で記してゆきたいと思います。どうぞ、よろしくお願いします。

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




Go to Top