中国語

【ご紹介】 中国語講座をYOUTUBEで学習できる教室

0

 

こうした動画で、価値の高いものを探し回った挙句見つからず、「はー」と断念した事が多かったのですが、今回Mixi繋がりでご紹介いただいたこちらは大変素晴らしい。

動画は昨年夏関西圏のケーブルテレビで放送もされていて、市の依頼で大阪市役所にて中国語の講座を行ったもののアーカイブ集。

大阪市民団体登録もされてる、中国語教室の運営者さん(あいちゃん)が「中国語の講座に来られる方の復習用」としておりましたが、金銭的、身体的な都合で教室に来れない方のため、又、中国語の勉強に前向きな方のために全ての動画を一般公開下さっているとのこと。

彼女のコメントを引用しますと;

動画本数約600本1TB程度、4800分に相当する動画を無料公開しております。こちらの動画を利用すれば初心者の方でも留学できる最低限のレベルまで独学で学習きるようになっております。
テキストは東京・名古屋・大阪の図書館(蔵書を確認してます)にも所蔵されてますし、AMAZONや書店で一般的に販売されているテキストを利用して中国語の講座を行っておりますので、テキストさえあれば誰でも無料でハイビジョン画質の中国語の講座を好きな時にパソコンや携帯端末で学ぶことができるようになっております。

いくつか動画を拝見したところ、教室の臨場感や、受講生の方が「間違える箇所」なとは個人学習ではつかみきれない貴重だなー、と改めて感じる次第。

ありがとうございます!遠くから活用させて頂きますね~

ゼロからスタート中国語 会話編 

初心者クラス使用テキスト


タイトル:ゼロからスタート中国語 会話編  ISBN-10: 4901429604

<全くの初心者~中国語検定準4級レベル>
同じ単語が何度も出てきますので、初心者で も入り込み勉強しやすい構成になっています。

CD付です。

授業動画はこちら(1)こちら(2)

今日から使える!ビジネス中国語会話

初中級者クラス使用テキスト(1)
タイトル:今日から使える!ビジネス中国語会話  ISBN-10: 4872577426
<中国語検定準4級~3級レベル>
ビジネスで即使用できる内容のテキストです。ホテ ルでのチェックイン、飛行機のチケットのリコンファーム、貿易取引(交渉、輸出入)、接待、観光、買物など。テキストの最初は比較的容易ですが、進むにつれ話の内容が専門的になっていきます。
CD付です。
授業動画はこちら(1)こちら(2)

中国語検定3級問題集 頻出単語集付

初中級者クラス使用テキスト(2)
タイトル:中国語検定3級問題集 頻出単語集付 ISBN-10: 4262169294

<中国語検定準4級~3級レベル>

中国語検定3級のテキストです。 初中級クラスでは、上のテキストとこのテキスト
を隔週で交互に利用して勉強していきます。
CD付です。
授業動画はこちら(1)

中上級者クラス使用テキスト
タイトル:使える!中国ビジネス語表現 ISBN-10: 4887244126
<中国語検定3級以上の方>
ビジネス目的で、専門的な用語も多く大変難しい 内容になっています。(製造メーカー、商社様々な方に適した内容です)
CD付です。
授業は中国語で行われ、少人数授業です。
授業動画はこちら(1)

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




スキルとビジョンの狭間で

0

IVSが終わったら、取りかかろうと決めていた事が一つありました。

中国語です。

必要性は最近の東アジア方面への出張で感じていましたし、NHKの語学教材や速習本をある程度読み終え、一定の期間で身に付けられそうな感触を得ていたので 来年の為のスタートアップとして始める事にしました。

ただ、スキルアップは「道具」を磨くことではあれ、それ自体が自分の「ヤリタイコト」を先鋭化するとは全く思いません。 スキルアップのプロセスで得られる視野の広がりは副産物ですが、むしろ、そうしたスキルマジックで「ヤリタイコト」から目をそらしてしまった過去の自分も存在しますのでスキルとピジョンのバランスをどう取ってゆくか(ビジョン優先で)が、来年の課題になりそうです。

という事で、厳選した教材がこちら;

英語→中国語のベースで基礎+αをリズムに乗せて覚えるのに最適。しかも、ビジネスに必要な基礎的な中国語が入っているのが素晴らしい。
 

これは、ある程度単語を覚えた人向けかと思います。 日本語→中国語で、フレーズをベースに単語を「思い出させる」効果があります。「GoogleとYahoo」を中国語でどう言うか、など、最新に近いところで語彙が網羅されているのがトレーニングとして好材料。
 

これは、生の中国語スピードに触れるために必要かと。 名高い映画をチャプター毎に区切った、いわゆるスクリーンプレイ構成ですが、日本語字幕・中国語字幕の両方は出るし、必要な単語の発音も出るし、教材としては最強じゃないかと。

 

これはドラマです。ただし、「映画でたのしく。。。」とは異なり、PCベースというよりは、テキストを中心に一冊読み込んで行くタイプ。 慣れてきたら一冊をじっくりやろう、というRegainみたいなタイプには打ってつけです。
 
来年にむけて、これらの教材をどう計画的に使ってゆくか、これを考えるだけでも楽しいのですが。。結果、ださなきゃね。スキルアップは限られた時間と、効果を最初にイメージしなくちゃ意義がないので。 がんばるで。

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




Go to Top