出張あれこれ

感慨深い台湾出張

0

 

an image

この連休を犠牲にしての台湾出張なのです。 鎌倉では友人の皆さんがBBQをやられる予定だったので悔しさもひとしおですが、しょうがない。 日曜フライトで比較的時間があったので、小龍包の絶品な明月湯包(ミンユエタンパオ)で食事をば。 ここのジューシーな小龍包・パリパリ食感の焼き餃子・シラスチャーハン・鶏肉コラーゲンスープは最高! 数年前までは極めてローカル色の強いお店だったのですが、ここ最近になって日本の刊行雑誌に広告を出すようになってからはかなり日本人が多いなあという印象は否めません。 ただしそれでもコスパは高し。

ひとしきりお腹を満足させた後で、ちょっと盛り上がりたいよねという話になったのでBrown SugarOlivia BerendsohnのサルサJazzを堪能。 ホールで踊っていた老若男女はやたら上手な人ばかりだったのですが、あれはダンサーさんのサクラだったんだろうか? それとも、こういう機会を逃さずに練習しまくってるんだろうか? それにしてもレベルの高さを思い知らされました。。。

翌日からは1日に3社のベンダー訪問・Meetingとかなりの強行軍だったのですが打合せが遅くなり、「他に適当なお店が無くなったので。。」と言うことでまたもやBrown Sugarへ(台湾の取引先の方が行きたかったらしい)。 この日はAdrienne RileyというR&Bのシンガーで、超ソウルフル。

声量がものすごいのでほとんど会話ができずにウイスキーを飲みまくる一夜を明かすことに。 げえっぷ。

3日目は7年ほどの付き合いのあるベンダーさんへ。最近、この人たちへの委託品目が増えていて、立ち上げたばかりの黎明期を考えると、感慨深いものがあります。 時には大喧嘩したり、すわ提携解消か、という局面だったり、突然のコストアップだったりと、色々な環境変化を共にしてきましたが、だからこその信頼関係というのがあって、担当者ベースは勿論の事、やはり長期取引による会社同士の信頼関係というのはこうやって作られてゆくんだな、と言う事を実感させてくれるのです。

おりしも化学物質テロの噂が流れていた時期だったので夕食はどうなるか、、とも心配してましたが、101の近くのメンバーシップ倶楽部(TWTC)のShinyehグループの持つメンバーシップレストランで台湾料理をば。 その後ずっと徹夜で飲み続ける羽目に。。

最終日は気力を不利しぼって残り3社。途中で気が遠くなりながらもなんとか目的は達成。

帰国便でA社の担当の女の子とばったり。「アムロナミエのコンサート行くんですー」ってウキウキしてる様子は見ていて微笑ましいと思いつつ、同時にこんな気軽に旅行ができるアジア圏ってすごいなあと。

思い立てばお隣の国まで簡単に、行けちゃうんだもんね。

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




ガテン系出張から帰国

0

 

前日に決まり翌朝のフライトで台湾へ、そして帰国も同じ感じで突然のハンドキャリーが決まって日本へ戻ってきました。

今回は、現地パートナーと日本側のコミュニケーションが不十分な事が根本にあり、その積もり積もった意思疎通のロスが引き起こした現地での収集作業と交通整理、そしてガス抜きが主目的となってしまったのが自分としては大変に不本意。

委託先は、手足でなくパートナー。 我々が希望することだけを伝えるのではなく、彼らが納得できるレベルで説明を行い、その上で急を要する内容であれば責任がどこにあるのか、なぜそうしなければいけないのかを(実務レベルが納得しない場合はトップに対して)ビジネス関係の中で理解をしてもらわなければなりません。

元来、プロジェクトリーダーというのはそうした全体をけん引する役割を担う非常に大きな責任を持つポジションですが、日本側が大企業・大組織であればあるほどに「神は細部に宿る」を徹底しつつも、あえて口出しすることをせずポイントを押さえてゆく能力というか、スキルが必要になります。 先天的に持っている人もいますし、そうでない人もいますが、「相手にどう判って貰うか」を考えていれば、時間はかかりますがそれ程に難しい事柄でもないのですが、得てして陥りがちな日本企業の誤謬。

英語という、お互いに母国語ではない言語でコミュニケーションするからこそ、委託元である我々が絶対に忘れるべきではない「基本中の基本」と改めて意を強くしました。 ひるがえって、経験者として自分がこれまでやってきた多少のノウハウを、どう伝えながらプロジェクト全体をサポートできるか、について深く考えさせられた出張でもあります。 自分で動いた方がはるかに速いですし収拾も速いのですが、今のRegainのポジションとしてはここが一番の悩みどころ。 またひとつ、新しい「乗り越え」が見つかりました。

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




戦慄のギョーザランチ(台湾)

0

 

一日じゅうオフィスを出られない、そんな日もあります。

気を利かせて買ってきてくれたのがこちら。 助かる~

image

と思ったら!!

image

全部ギョーザでした(涙)

確かに、「ギョーザ食べたいなあ」って言ったけどさ。 げっぷ。

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




桃園空港にて

0

 

久しぶりの台湾 桃園空港からの帰国フライトでした。 時間に多少余裕があったのでイミグレ通過後に歩き回っていて、パッと目に入ってきたのがこちら。

Taiwan Excellenceって何だっけ?

Made in Taiwan製品のブランド価値向上の為に、Ministory of Economic affairs(台湾経済部)主導で1998年から始められた振興政策で、その栄誉ある賞を授かることは国際マーケットでの功績を讃えられるという意味で、非常に大きな意味がある “Taiwan Excellence”。(説明資料より)

まさか、空港内に展示していたとは全く持って知りませんでした。 いい訴求方法ですねえ。

受賞する製品は、ネットブックをして有名足らしめたPC系製品だけでなく、、(知っている人には余りにも有名な)MERIDA, GIANTなどの自転車とか、はたまた全く知られていないであろう生産設備や特殊部品と言ったインダストリー向けなどがそれらの対象になっています(Regain的にはよく知っているが)。 展示としてはデザイン重視の、PC・周辺機器と自転車がメインの小さいながらも良くできたブースでした。

<以下、展示より>

いやあ、この弾け具合&微妙さが台湾かーー!と思いながら視線を移すと自転車が。

実は台湾を代表する、自転車プロダクツ群。 デザイン的にも素晴らしい!

いいねえ、自転車欲しくなるよねぇ、と独りごちながら、ブースを去れば去ったで予想以上のデコレーションが。思わぬどんでん返し。

『キティちゃん』デザインコンセプトのオムツ替え場所。 電話も 『キティちゃん』

どーーして、いつも、台湾ではキティちゃん。。。

はたまたPOPな空港トイレ(↓)。 以前ご紹介したインドのそれと比べると、興味深いです。

 

思うに、こうしたデザイン・ブランディングへの強い志向と、日本の影響をうけたであろうポップカルチャー的な色彩を強く、ストレートに打ち出す表現が、今の台湾の「気分」なんだろうなあと。

逆に言うと、コモディティ化が進む民生用製品に対しては、デザイン性で今後 台湾メーカーがエッジの効いた製品をこれでもか!と出してくる可能性の強さを感じた瞬間でもありました。 羽田に着いて、その「近代的(死語)かつシンプルモダン」な設備とデザインを横目でにらみながら、「意外性が無いんだよねえ」と呟いた”ちょっと比較文化論”みたいなものに想いを馳せた帰国日でした。

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




蘇州の世界遺産「拙政園」

0

 

今回の出張では少し時間があったので、上海から一時間ほど足を伸ばしたところにある「東洋のヴェニス」、蘇州で観光などをすることに。

日本では先日平泉が世界遺産の登録勧告を受けたばかりですが、ここ蘇州にある「拙政園」は中国四大名園の一つ。 造園芸術の傑作と言われていて、97年に蘇州古典園林の中核として世界遺産登録がなされました。

広さは約5万平方メートル。ひろいっ! この敷地の半分以上を池や堀が占めるのですが その内の7割が池や堀でしめられ、水をテーマに造られています。 水運の豊かな蘇州ならではの庭園と言えるでしょう。

名前の由来は、高官が賄賂で造ったという噂があり、そのことを詩人が詠み、詩の中の一説から皮肉を込めて『拙政園』と呼ばれるようになったといわれています。

 

『拙者之為政』 《拙き者が政治を行う》

 

いつの世も、、ですかねえ。

こうした世界遺産を持つ観光の名所としての地位をもつ一方で、ここはシンガポールの政府による協力で作り上げた(現在も進行中ですが)蘇州工業園区などの投資区域ではヨーロッパ・韓国・日本の半導体・繊維・電子・機械産業の誘致を積極的に受け入れていて将来も有望な発展地域でもあったりします。

ゆっくりと流れる時間、それを醸成する空間が園内には存在する一方で、 園外に出れば未来へと突き進む「先進」の世界がそこには広がります。

守るべきもの、進めるべきもの。

こうした史跡に身をゆだねる事で、自分の進めるべき道みたいなものに想いを馳せることができることこそが貴重なものだなあと感じます。 世界遺産とは、そういうものなのではないか、なんてね。

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




台湾から、心ばかりを

0

ホテルでチェックインを済ませ、部屋に向かおうとしたところフロントのお姉さんが日本語で「ガンバッテクダサイ!」と。

このホテルのホスピタリティも素晴らしいですが、他のホテルでも同じような事を何度か経験しました。 台湾って温かい国だなあ、と思います。

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




一生忘れられない数日。

0

 

台北で部長と一緒に、問題多発の製造オペレーションに対して相手方と議論を数時間していた時のことでした。

「おい、なんか日本が大変な事になってるらしいよ」

という親切なコメントを聞きながらも、後でニュースを見ればいいや、という程度の感覚で

話を続けていました。 すると、スタッフから「Northern Partで地震と津波があったみたい」というもう少し正確な情報が。

そして、「へ?」と思ったのと同時に、日本に居るメンバーからの現状を伝えるメールが続々と転送されてきます。 「震度8」「津波が宮城県を襲った」「都内も相当の被害」というレベルまでは認識できるのですが、そこから先はメールを読めども現実感がありません。

何が、起きてるのか全く把握できず、熱に浮かされたようにビジネス内容を纏めて一旦 情報収集の為にブレークを一時間ほど取ります。

当然のように携帯電話は通じません。幸い、社内専用のSNSとIP電話をPCで繋げられるものの、東京側がそれを受け入れられる状況に無いので、数回の状況把握が出来るのみ。

とにかくまずは帰国する必要がある。そう部長と話し、委託元との会食を進めるのですが部長もRegainも表現しようの無い不安に包まれているので一向に会話が弾まず気分転換にマッサージに行くことに。

部屋に入って目に入ってきたものは、想像を超えるものでした。

これが、自分の国に起きている事なのか?という現実感が全く沸かないまま小一時間。

ホテルへ戻ってからも連絡のつかない携帯に苛立ちを覚えながら、浅い睡眠を取った翌朝。

別の事業部門の方で同じく台湾への出張者から、「成田に戻れず沖縄で一時着陸」などのメールを拾いつつ、刻々と流れて行くTwitterのタイムラインをぼんやりと見つめ、FacebookやMixiで知人の安否の連絡を取りながらも 、どこかに無力感を感じながら漠然と時間だけが過ぎてゆく事だけが「現実」としてそこにはありました。

時間を追うごとに明らかになってゆく被害の規模とその惨状に、続々と “ Are you okay? Your family, friends, colleagues are fine? “とメッセージが届きました。

“「地震大国」であるにも関わらずのこの災害に、世界が一様に震撼している。

いや、一番震えているのは自分の心なのに、それに無自覚な自分がいる。

今現在もなお、東北の凍るような大気の中で、助けを待っている人々が一刻も早く救助される事、そして被災者の方に一日でも早く「平時」が取り戻され、笑顔を浮かべられるようにと願い、改めて、無念にも命を奪われてしまった方々のご冥福を心からお祈りします。

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




デリー新空港ではご用心

1

 

只今 インドでは18時5分。 Regainの香港経由、台湾入りのフライトは23時35分。

あと5時間ほどをどうやって過ごそうかなあと考えつつ、今回お世話になった設計チーム諸兄とイミグレーションカウンターでお別れを。

で、さてダバコ一服でもするかね、と空港の外へ出ようとしたところ;

 

「出られません」by 空港警備隊(ミリタリー)

 

。。。なんで?

 

「セキュリティ上の理由です」 by 空港警備隊(ミリタリー)

 

。。。はは-。 では、確か一階に下りて何か面白いものでも探してみるかね。

 

「一階行きのエスカレータはありません」 by 空港警備隊(ミリタリー)

 

。。。という事です。

ワイヤレスLANも、外国人には開放されていないし、これは、生殺し。 インド出張の際は、空港到着は早すぎても、何もすることありませんぜ!

チェックインしたらしたで、その空港内の広さにびっくり。と同時に、往路しかないウォークスルー(動く歩道)や、その広さと好対照の免税店の少なさにこれまたびっくり。 うーむ。

余談: トイレにうつるハンサム男女。 各トイレで、違うようです。これも興味深し。

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




インドの結婚式

0

 

宿泊中のホテルで、結婚式が。 インドでは春と秋がシーズンなのです。

インドの人口、約12億人。日本の約10倍。面積は約9倍。 地方により異なる複数の言語が使用され、宗教やコミュニティ、階級によりライフスタイルが異なるその様はまるで、一つの国というよりは、ヨーロッパ共同体のような存在感なインドな訳ですが、ホテルマネージャー曰く近年の成長に伴い高級ホテルでの結婚式が大変に増えているとか。

そうは言っても文化や生活習慣が多様性に富んでいるインドで、「一般的な結婚式」とひとくくりに表現するのは大変に難しい訳で、ただ、非常に重要な行事として盛大に行われ、それぞれの階級に応じた多額のお金と多くの人々が参加する「ハレの日」なのです。IMG_0076予算的にもピンキリで、今回ご厄介になった工場の管理職の方曰く、平均で$50K ~ $70Kは最低使うんだそうで。

Regainたち一行が宿泊するホテルは、セキュリティの関係上ハイクラスなので今回見ることのできた結婚式は非常に盛大なものでした。 華やかなライト、おそらく数百人は集まるであろうスペース。 賑やかなマーチングバンドの喧騒。

他の方々のサイトを見ていると、どうやら高級ホテルでのセレモニーを実施するような場合、数千万円はかかるようですが。。

   伝統的なダウリー制度(花婿側へ、親が高額の持参金やら家財道具を贈呈する)とも相まって、ますます持って盛んなようです。

インド、結婚ビジネス絶好調

通りを一つ違えるだけで、こうした風景とは全く異なる雑然としたいわゆる「インド」が登場するのですが、写真を見ているとそんなことを全く感じさせない異世界がここにはあります。 greenno1_300x250とは言え、結婚はどの国でも人生の最大行事である事は間違いなく、そこに目を付けたビジネスもちゃっかりあったりします。 仮想妻を持てるサイドなんてものもあります。 結婚インドのNo.1 結婚紹介ポータルである「Bharat Matrimony」によるものなのですが、さすがインド。 男性目線な感じで、登録すればタイプの異なる4人の女性からメッセージが届くというもの。 凄いですねえ。

IMG_0068 IMG_0072

IMG_0077

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




【出張ごはん】 New Delhi “Moksha”

0

 

経済成長に伴ってインドでもいわゆるラウンジ・Chill-out系のお店がかなり増えたのですが、今回はこちら。 ラウンジスペースでソファに身を任せて談笑したあと、同フロアにあるフォーマルテーブルでインドカリーを堪能できます。

 

MOCKTAILというのがあって、アルコールの入ってないカクテルなのですが、これを覚えておくとお腹が弱くなった場合には重宝します。  あ、そうそう。 代表的なインド国産ビールにはKingfisherがあるのですが、なんとこれが5種類もある事に初めて気が付きました。

インドのビール消費量、10%増加:09年、世界25位へ上昇

Regainが初めてインドを訪れたのは学生時代でかれこれ16~17年前です。 当時の情景が未だに脳裏に焼き付いて離れないのですが、目の前に広がる世界ももう一つの現実世界。

( ↓ クリックすると紹介サイトへ)

8, Community Center, New Friends Colony, New Delhi 110065
011-41672777, 41672779
ashish@mokshaa.in

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




Go to Top