本日のワイン

食事とお酒は平和である

0

 

今日は楽しみにしていた この方と、家族でのお食事会。

P1080401

約一ヶ月ぶりの再会で、お会いするまでは若干ドキドキしていたのですが、、お宅を訪問させて頂いてから、一気に話に華が咲きました。

奥さまにふるまって頂いたバーニャカウダ、イノシシ肉の煮込み(絶妙でした)、バスク豚のサラミ、etc, etc…。 そして言うまでもない、素敵なワインの数々。 両家とも、鎌倉という場所を気に入って、「海外」っていう共通点もあり、そして同じ時期に移ってきた、という色々な共通項があって本当に楽しい時間があっという間に過ぎてしまいました。 おっしゃっていたコメントの中で、激しく共感したのがこのエントリのテーマ。

 

「おいしいゴハンとお酒の話をしてる時は、誰もが平和で、幸せだよね。」

その通り!! これからも、末永くよろしくお願いしまーす!

 

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




K氏夫妻と過ごす週末

0

 

昨晩からの大雨で一時はどうなるかと思ったけど、午後は本当によく晴れた一日。

鎌倉移住当時に真っ先に遊びに来てくれたK夫妻が、再訪してくれました。 当初の予定ではミニBBQを考えていたのですが、天候不順と強風もあり急きょイタリアン(いつもの)でランチをば。

良く考えてみると鎌倉で再会するのは約2年ぶり。もちろん、途中経過でお会いしているのですが、平日に会うのと休日に会うのとではやっぱりお互いにリラックス度も話の内容も違います。 美味い食事とお酒に、いろいろ話が弾みます。K夫妻、いつも楽しい時間をありがとう!

お二人を見送りながらふと。

K氏もRegainも新入社員時代からの同期。 その当時から10余年近く経つ訳ですが、お互いのやっている仕事の内容は、その業界基準で言えば全く違いこそすれ、マネージャー&マネジメント的に共通に苦労する部分だったり、実行するミッションは似たものを、会話の折々で改めて感じます。

ただ、これはK氏とに限った事ではないですが、R30?アラフォー?近くになってくると、シゴトの機密性?業界の違い?みたいな観点から、さすがにお互いの仕事の中身に深く突っ込んで聞きあい、語り合うような機会が少しずつ限られてきているなあという一抹の寂しさも感じたりします。 何と言うか、「オトナ」になってゆくのね俺たち、みたいな寂寥感とでも言うのかしらん。

責任のある仕事を進める中で、その重みやプロセスを共有し合える場ってビジネススクールの特権ではない筈。 かと言って、異業種交流会みたいな場所でフォーマルに語り合うものでもない筈。 インフォーマルに、深いレベルで、かつ家族ぐるみで、交流を広げられる場所ってどうやったら作れるんでしょうね。 先日みやじ豚BBQの「場所」としての価値やバイラル性を実感したばかりなので、こんなとりとめもない事を考えちゃったりしました。

でもって、前回に続き、またもやワイン(&チーズ)を頂戴しちゃいました。本当はみんなで飲む予定だったのですが。。 ロンバルディアの貴重なヴィンテージ、Ca dei Frati Benaco Bresciano IGT "Ronchedone" 2006。 気軽に頂いてしまったのですが、日本ではなかなかお目にかかれません(の筈)。 これはRegain&カミさんでカポ-んと飲んでしまうのは勿体ないので、次のイベントまで大切に取っておく事にします。 多謝至極!

image image

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




【イタリアワイン】OLTREVINO

0

image

〒248-0016 鎌倉市長谷2-5-40

Tel/Fax: 0467-33-4872

最近の長谷・由比ヶ浜界隈は、イタリアンが熱い!と思い始めていたこの頃。また気になるお店が。と言っても、レストランではなくワインメインのお店です。イタリアに10年、ソムリエとして素晴らしいキャリアをお持ちのご主人と、アンティークのバイヤーである奥様が経営なさる素敵なお店。週末に通り過ぎる際、「何ができるんだろうか」とずっとカミさんと話していた、Regain家では大変気になる場所に、待望のお店だったりもするわけです。

DSCF7226 

DSCF7225

本日はオープン二日目で、ありがたいことにスパークリングワインを頂いてしまいました。残念ながら店内の撮影は禁止の為、外観しかご紹介できませんが、この辺りへ足を運ぶ観光目的の楽しみとしても、価値高し!

これからご厄介になりますよ~(笑)いろんな人に紹介しなくっちゃ。

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




インドより帰国

0

この2週間、台湾→インドと駆け足で回ってきました。10年ぶりのインドには考えられることが余りにも多く、消化不良気味ではありますが、記しておきたいと思います。

1. まじめ編 :

R&D・製造技術拠点化する日本、IT分野でブランド化を志向する台湾、生産拠点=中国に猛追するインド

imageなぜ日本の携帯がガラパゴス化するのか、と言うと決まって答えは「規制」「マーケティング戦略」「国内志向」の3点が上がるわけですが。 インドの場合は91年の経済改革以降外資の参入障壁が低く、民間による市場拡大戦略を取れるようになった上、CDMA/GSM双方対応とした事もあって2500万人の印僑(Non-Resident Indian)含めてが爆発的なコミュニケーションの需要が生まれた訳ですが(華僑は5500万人)、特筆すべきなのは人口12億に対し、09年10月までに4億5千万人が携帯電話を保持。 中国が13億で7億人の加入者ですが、伸び率の鈍化する中国とインドは全く異なります。(ITUのレポートが詳しい

実際には、路面店で中国製のフェイク携帯が所狭しと並んでいて、これで通話する分には全く問題ない訳ですから話の長いインドでは必需品になるのは間違いないです。因みにインドが英語・ヒンズー語を公用語としてる訳ですが通常はヒンズー語の方が一般的。英語でしゃべるよりも確実にヒンズー語の方が文法・単語ともに複雑な感じがあり早口で「言葉の密度」を詰めて話す為、どうしても早口になってしまうような韻書あり。あ、インドは03年にテロ対策上、違法携帯の輸入を禁じてます。

image 月刊加入者が1000万人。年収1000ドルの、主に農村部が購買層となって30ドル~50ドルの端末をプリペイド式で購入。着信は無料、発信は約2セント/分。これまでは限定層しか知りえなかった知識が、近隣の村との情報共有により収穫時期までも判断できるようになっている訳です。国を挙げてのイノベーションが、ここまでダイレクトに実感できるのはインドならでは、でしょうかね。 時短読書のすすめさんのブログがインドのイノベーションに詳しいですが、Goldmanのレポートを踏まえコメントなさっているキーワードが興味深いので引用します。

1.各国の高度成長を維持するためには人口増加が必須となること
2.成長を維持するために教育水準の向上が欠かせないこと
3.政治の安定が必須条件であること
4.通貨の上昇が見込まれていること

現場を見るのは大切。以下のようなグラフでイメージは湧きますが、「発展の伊吹」は確実にインドには存在してました。日本へ帰国して改めて痛感したのは、「競争力は技術でなく戦略から生まれる」という事です。追いつけ、追い越せで現在の繁栄を享受している日本ですが、成長エリアにどれだけ戦略として「仕込み」を入れるか。判ってはいるものの、馴染みのある既存先進国で経営したくなる気持ちをバッサリと捨て、次の10年に向けて今が一番好機なのかもと思いを新たに。

 image image

人口大変動でアジア減速へ:日経ビジネスオンラインより抜粋

通常Regainは台湾・中国の製造拠点と連携して仕事をしてる訳ですが、「日本ー台湾ー中国」の3極は、IT&家電業界では疑う事のない製品プラットフォームとしてほぼ完成しています。imageバックオフィス(コールセンター)や自国内消費(TATA)に加え、コモディティ半導体や医療機器の設計製造がこれに、中国と同等の人口を持つインドが名乗りを上げつつあるのを今回の出張で強く感じました。アメリカのインド(や他東南アジア)で始まると、全く構造が変わりますね。。先週の日経ビジネス「今こそ起業資本主義」にまさにその辺りの内容が特集されてますので、ご興味のある方は是非。

 

 

 

2. 【余談】ミニアルバム

今日の一品はデカン高原で作られるNine Hills というインドの赤ワイン。こちらは現地で頂きました。あ、隣に移っているのは台湾の紹興酒。これからの季節に打ってつけ~。

興味深い記事:「インドワイン産業のバブルな未来」Voice of India 2007年5月

image

image

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




【イタリアン】A Riccione (若宮)で、真のスローフードを愉しむ。

2

3連休の中日という事もあり、気持ちに余裕が(=飲みたい)あったのでカミさんと話してイタリアンディナーを。 本当は、3月に移転するNadiaへ行きたかったのですが、既に予約は末まで一杯だそうです。流石ですね。 気を取り直して、今まで行けてなかった鎌倉で評判のお店 A Riccioneへ。 DSCF3895ここは、

① スタッフが種から育てる無農薬野菜
② 備長炭で焼く魚や肉料理、パスタは手打ち
③ ピッツァやパンは石窯で焼くなどこだわりを持っている
③ うれしいことにワインは常時100種類も

ということで、自家農園による地産地消に&”スローフード”を提供してくれる、質の高いレストランです。都内へ出るよりもパフォーマンスの高いサービスを提供できる、という筋の通ったコンセプトを持っておりRegain家は、こういうお店が大好き。

あ、初めて知ったのですが、”スローフード”の発祥は、イタリアなんだそうで(Wikipediaによる紹介はこちら)。上記でも分けましたが、地産地消と、スローフードは同義ではないんだとか。

1996年のスローフード法令には、具体的な活動における3つの指針が示されている。

  1. 守る:消えてゆく恐れのある伝統的な食材や料理、質のよい食品、ワイン(酒)を守る。
  2. 教える:子供たちを含め、消費者に味の教育を進める。
  3. 支える:質のよい素材を提供する小生産者を守る。

その後、美食とは何かという問いかけから、伝統の食事、素朴でしっかりとした食材、有機農業、健康によいものに関心が向かうようになり、一挙に人の注目を惹くようになってきた。その後、日本にも紹介され、各地に支部や共鳴者を集めている。世界中に83,000人以上の会員を擁するという。

興味深いですね。。日本では、どういう食材や料理を守る「べき」なんでしょうかね。

気を取り直して、本日の、オーダー!!

生ハム、平目のカルパッチョ、ゴルゴンゾーラのピッツア、生ウニのスパゲッティ、高座産豚骨付きロース(炭火焼き)。 一つ一つの鮮度というか、味のしっかり感がすごい。。素材が立ってるって感じですかね。調理の仕方も、さーすが日本のイタリアン!という感じで、繊細。 カミさんは生ウニスパゲッティ。Regain的には、豚骨付ロース。うまかった。。

imageワインはアドリア海に面したマルケ州より、こだわりの赤ワイン “ロッソ・コネッロ・ユリウス (シルヴァーノ・ストロロゴ) (Rosso Conero Julius (Silvano Strologo)” の2006。

大事な日には、たいへん宜しいリストランテかと存じます。 ええ、お奨めですね、ハイ。

 

ア リッチョーネ (イタリアン / 鎌倉)
★★★★ 3.5

TEL : 0467-24-5491

住所 : 神奈川県鎌倉市小町2-12-30 鎌倉BMビル B1F

営業時間 :11:30~16:00 17:30~22:30

ホームページ : http://www2.ocn.ne.jp/~riccione 別ウィンドウで開きます

 DSCF3894

DSCF3896 DSCF3901

DSCF3907

DSCF3910

↓↓ ワインを地図と一緒に思い出すならこちら↓↓

image

↓↓↓ 応援のクリック、宜しくお願いします! ↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ image image “80” src=”http://liferich.net/WindowsLiveWriter/65fbf61b51a1_1284F/image_20.png” alt=”image” />

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




本日のワイン(飲んでないけど)~The 2006 Chateau Cantemerle~

0

image  ビジネスウィークを久しぶりに覗いて見ていて、面白い記事がありました。近年の製品コントロールと、製造環境に恵まれた事で、通常のヴィンテージセラーの中でも、’06年物がReasonable Productとしてハイライトされています。

その代表例が、Chateau Canatemerle(シャトー・カントメルル)。 

シャトー カントメルルはオ・メドックの南部に位置し、ワイン造りの歴史は16世紀後半にまで遡ります。今世紀になってからの大半はデュポ家が所有していましたが、現在はフランスの保険会社SMABT社の所有になっています。それ以後、ぶどう畑はかなりの規模で植え替えられ、セラーの新設、醸造設備の刷新等により、時間が経つにつれて品質はさらに向上すると確信されています。カントメルルのスタイルの特徴は、豊かでしなやかな果実味と、極めて香りの華やかなブーケにあります。ぶどうの栽培地は比較的軽い土壌で、メルローの比率が高いことからワインは早熟タイプでたっぷりの芳香があります。そのために比較的若いうちから申し分のない魅力を発揮します。1980年代の成果が、現在このシャトーの評価をメドック格付けの上位に匹敵させるまでになっています。

(ワインショップ A-Wineさんの評から引用

以下はBusinessWeekからの参照。なるほどね。。

"2006 was originally lost in the swirl of enthusiasm surrounding the historic 2005 vintage. But now that the wines are arriving in markets around the world, their accessible quality is very apparent. Excellent colors, charming and very obvious fragrances, and mouth-filling and amazingly appealing flavors—already!"

今後は、こうしたワインが増えてくるのかもしれません。もう一つ興味深いのは、海外ではUS$28-30レベルの価格が、日本では4千円レベルになってしまう点。出張に行ったときに、買いますか。。

image

Breathing/Decanting: Half an hour breathing will help it open up nicely

Food Pairing: Roast meats, game, liver.

Grapes: 58% cabernet sauvignon, 33% merlot, 6% petit verdot, 3% cabernet franc.

Appellation: Haut-Medoc

Region: Bordeaux

Country: France

Price: $28

 

 

Hatena タグ:

↓↓↓ 応援のクリック、宜しくお願いします! ↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ にほんブログ村 海外生活ブログへ

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




Ver3.50へバージョンアップの日

0

 image明日を持って35歳という事で、この鎌倉ライフリッチ研究所も「Ver.3.40」から「Ver 3.50」へアップグレード。 この1年は色々な人に支えられながら乗り切った年でしたが、少しでも人の役に立てるようなVer 3.50を目指したいと思います。 日本へ帰国して約3年が経過する中で自分の立てていた目標のうち、実現できたことも叶わなかった事も、次へのステップとして前向きに繋げて行ければ、というのが最大の抱負でしょうか。

Blogを自分が始めるとは全く考えていませんでしたが、始めてみて色々な方からコメントを頂き、これまでとは異なる人的なネットワークの形成が始まると同時に、「会社の中」と「自分の目標」だけでなく「周りの人たち」が今まで以上に大切に思えてきたことが忘れられません。

てな事を考えながら、" PINOTのシャルドネ(スプマンテ)、" マコン・フュッセ (2006) を堪能させて頂きました。神の雫で取り上げられるだけの事はありますわね。

 DSCF1722

カミさんからは鎌倉ブランド「Turtoise」のパーカーをプレゼントに頂きました。ありがたい!

(*Turtoiseのスタッフブログ「亀通」、面白いですよ)

DSCF1746

image

image

 

 

Hatena タグ: ,

↓↓↓ 応援のクリック、宜しくお願いします! ↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ にほんブログ村 海外生活ブログへ

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




本日のワイン ~DOCプーリア コペルチーノ ・リゼルヴァ2003~

0

用事があって外出していたので、湘南ワインセラーではなく、近所の三留商店でワイン調達。mitomeshouten リーズナブルワインから高級種まで幅広い取り揃えと、アジア輸入食材や各種スパイスの急な調達の際には大変重宝します。 ここでしか手に入らない、オリジナルソースを含めて遠方地の方には通販もやってくれますし、何よりお店の方が大変丁寧。

という事で、本日は給料前の週末でもあり、予算低めですがちょっとブドウの強めなものが飲みたかったので、コペルチーノ・リゼルヴァをチョイス。IMG_2597南イタリアのプーリア地方産の、ネグロ・アマーロ主体のワインです。

リゼルヴァ級に寝かせておかないと強すぎて飲めるものではないのがこの地方のネック(強すぎる)なんですが、今日のはアタリ。 いわゆるスペイン的な太陽の強みと、ブドウの力強さがうまくミックスされておりでキャンタージュしておいたものを飲むと、大変しっかりした味でした。

ここんち、近年黒ぶどうではカベルネ・ソーヴィニオンやメルローなど、白ぶどうではシャルドネイなどの外来品種を使用することでワイン研究体制の向上、さらには品質の向上が見られ来ています。今はまだかなり安価で手に入れることができるので、かなりお買い得であるといえます。

(実は、このワインと、かっぱえびせんを組み合わせが最高なんですね~)

 

 

Hatena タグ: ,
ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




本日のワイン ~モンテプルチアーノ・ダブルッツオ 2007 ファルネーゼ~

0

IMG_2478

今日はリフォームと外壁の塗装について、業者さんとお見積もりMeeting。 詳しくは今後アップするとして、「売却価値ちゃんと考えないとね~」でした。思った以上に投資が必要なものなんです、家のメンテ。

我が家の将来キャッシュフローとインカムゲインの再協議が、この年末の最大ネタになりそうな感じ。経済の立ち上がりが2010年と仮定すると、今修繕するのは妥当な計画では有りますが。

・ウッドデッキ

・外壁修繕

・アプローチリニューアル

を行おうとすると、どれだけ抑えても200万円は必要なんです。
悩ましい~。

という事を考えながら、今日もワインを一本空け。ファルネーゼは、パフォーマンスが高いのですが管理が難しく、実は当たり外れが大きいのです。今日のは、実はハズレ。

2005年からルカ・マローニの「グイダ・ディ・ヴィニ・イタリアーニ」で最優秀生産者に3年連続選ばれているとは言え、逆にこのワインは生産管理でワインのボトムレベルを引き上げていると言い換える事もできるものなのです。更に言えばロット・品質管理が難しいワイン業界において同じロットでもNGとなる事はある意味、やむない事でもあります。

ただ、包括的にに言えば、数多くいるこのワインの生産者の中でも、最もお買い得なワインを造る生産者が、バローネ・コルナッキア家と、このファルネーゼ家。1582年より続く、非常に歴史のある生産者で、高品質なワインを造る生産者として、国際的にその名を知られていて、最新のテクノロジーと伝統的な手法をうまく組み合わせ、コストパフォーマンスの優れたワインを造り出してます。

次回のファルネーゼに期待!

Hatena タグ:

↓↓↓ 以下のにほんブログ村にある皆さん、秋たけなわ!! ↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ にほんブログ村 海外生活ブログへ

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




K夫妻ご訪問~ワイン三昧(4本)~

1

IMG_2336

3連休の中日、昨日は江ノ電乗車に30分待ちだったとか!恐るべし鎌倉観光。

昨日は仲良しKさんご夫婦が遊びに来てくれました。

Kさんとは商社時代の同期で、既に10数年来の間柄ですがお互いに会社が変わっても折に触れてお付き合いをさせて貰っている仲です。商社時代は二人とも殺人的に忙しかったのですが、同じ会社、同様の環境、を経た仲間というのは どれだけ時が立っても一瞬で分かり合える所があり、大変ありがたいですね。

特に、転職して思うのはそうした「新入社員時代からの~」という付き合い、これは一生モノだという事です。仕事を通じなければそうした関係は築けないのですが、逆に仕事から離れてもずっと続く。誇れるものは少ないですが、これだけは大切にしてゆきたいと。

そんなこんなで、お祝い&旧交を温める食事会は、酒が進む、進む。。。

・食事メニュー(力作!!):

鎌倉野菜のサラダ

鎌倉野菜の温野菜バーニャカウダ(アンチョビソース和え)

鯵のなめろう

小柴産鯵の刺身

スズキの昆布〆

ルッコラ生ハム巻き

山芋のカナッペ

バルサミコチキン

アボカド・チーズの揚げワンタン

天日干しシラス軍艦

・ワインメニュー(最後のシラー以外は湘南ワインセラー調達)

Champagne Jeaunaux Robin Brut Selection

image家族4人で運営する究極R・Mシャンパーニュ。

アシェットガイドも★(シングルスター)で高評価!生産量のほとんどが地元のレストランと根強い人気の個人客に直行するため、非常に入手困難な元詰R・M辛口シャンパーニュ。化学肥料不使用。

 

 

 

 

 

 

Bourgogne 2006 Pinot Noir Cuvee Gerard Potel Nicolas Potel

image

21世紀のブルゴーニュを担うネゴシアンのひとつとして最も期待されているニコラ・ポテル。もちろん有機農法をベースにしていますが、ACブルゴーニュなれどピノノワールらしい味わい。肉料理、野菜料理に。

 

 

 

 

 

TAMAYA Limari Valley Cabernet Sauvigion Reserva 2007

image

自社畑・手摘収穫に拘るチリ北部リマリヴァレーの生産者。スミレやラズベリー等、甘く華やかなアロマを持ち、ミント香やローストした肉等も想わせます。ふくよかで飲み応え抜群。値段以上の価値あり!

 

 

 

 

Montes Alpha Syrah 2006

image

 

Kさんご夫妻が持ってきてくれました(感謝!)。

こちらもチリワインの秀作。1988年、チリ産の高級ワインを造ることを目的に、4人の有志が集まって誕生したワイナリー。既にプレミアムクラスのモンテス・アルファ・カベルネ・ソーヴィニヨンがスタンダードですが、最高レベルを目指すモンテス・アルファMも捨てがたい!

 

 

と、いう事で全て堪能致しました。

でも、翌日の二日酔いはまったくなし。

IMG_2342

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Hatena タグ: ,

 

↓↓↓ 以下のにほんブログ村にある皆さんも、秋たけなわ!! ↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ にほんブログ村 海外生活ブログへ

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




Go to Top