Posts tagged 世界遺産

【ご紹介】観光振興シンポジウム「鎌倉の魅力再発見」

2

image 今日、妙本寺で開催された200人限定のシンポジウムに参加(拝聴)してきました。世界遺産登録に向けたIRパブリシティ的な意味合いを持ちますが、他方で外国人在住者によって新しい角度から鎌倉を見つめ直すという作業は、自分の履歴書を他人に添削してもらうような感じで面白い。 期待していたのは、パネラーの方々によって「鎌倉の何に惹かれ、それは他の国とどう違っており、更にどのように差別化してゆくか」についての突っ込んだ議論でしたが、厳しく言えば表層を舐めた的な印象はぬぐいきれず。とは言え、パネラー4名の共通意見は ① 鎌倉駅中心のガサツ感はNG ② 分譲化により、「古き良き日本」的な情景が消え行くのは大変残念 ③鎌倉に求めるのは、都内には無い「適度なサイズ感」「コミュニティ感」「自然との共生」の3点なのかな、と理解。 ただ、これらって国籍を問わず嗜好の問題だよなあと。

DSCF7116

Regain的には、①外国人から見た場合と日本人から見た場合、鎌倉に期待するものに違いがあるとすれば、それは何か ② 行政の視点、民間の立場において、その期待への対応策があるとすれば、それは何か ③その対応策は、世界遺産登録への推進活動にどう紐付けらるべきか の3点への言及があればと期待していたのですが、チョイ残念でした。「愛好会が、自己反省を目的としてナルシスティックに会合を開いた」みたいな感が拭えず。

例えば、旅行、テーマパーク、コンサルティング、投資ファンドの4業界から「鎌倉好き・嫌い」の2ポジションで参加して貰い、都合8名によるディベートとかできれば、外国人の「日本人とは異なる視点」を更に有効に取り入れられるシンポジウムになるのではないかと思った次第でした。森ビル、オリエンタルランド、三菱商事、マッキンゼーの組合せもありかも。

■鎌倉氏による案内

■シンポジウムとは – Wikipedia

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




第2回鎌倉 世界遺産フォーラム

0

世界遺産登録に向けフォーラム、海外有識者が高評価/鎌倉 (カナロコ 8月2日)

「顕著で普遍的な価値を探すことができる。成功すると確信している」(ル氏)「国際的な見地からでも重要性がある」(キング氏)などと、武家文化への高評価が相次いだ。また、「鎌倉を知れば知るほど、取り囲む山が鍵となることが分かった」(ヤング氏)などと、周辺の山間部を評価する声も多く聞かれた。
一方で「推薦文書に(武家文化の価値を)強く表現できるか、鎌倉を見ていない人にも伝わるように表現できるか」(ヤング氏)など、課題を指摘する声も。鎌倉市などでは、今回の意見を参考に、今秋にも国に推薦要請を行う方針だ。

鎌倉市内で開催されたフォーラム第2回目。立地もあってか、前回よりも一般市民が多かったかな、というのが第一印象。

image

 

市内の中学・高校生による世界遺産化への提言、イクロム(世界遺産委員会への助言機関)所属のジョゼフ・キング氏、世界遺産化委員の西村幸夫氏の基調講演を経てパネルディスカッション。第1回目との比較で言えば、「市民対象」へフォーラムのポジションが変わってきたという感がします。

第1回目の課題となっていた、OUV (Outstanding Universal Value=顕著な普遍的価値)の骨格は、①山に囲まれた鎌倉の地形的な特異性 ②現代日本へ通じる「武家文化」の2点を基礎とした、対象ゾーン内の寺社・史跡を訴求要素とする方向で ほぼ規定。 関係者の苦労がしのばれます。フォーラムの中では、武家文化を「自然環境との調和、貴族時代との分離、武士と呼ばれる市民集団による都市形成、仏教・神道文化との融合」=社会システムとしての文化として「見えるもの・見えないもの(tangible/intangible)」の総体としてパネルディスカッションで纏めていたり、ということで個人的には前回からの進展が感じられる内容でした。

鎌倉の世界遺産化プロセスは、書類偽造指摘と、平泉の落選により著しくビハインドしてしまってる訳ですが、冒頭に取り上げたカナロコ記事では 今秋に推薦要請を行うとの事。 書類の件はともかく、平泉の落選理由をケーススタディして十分に絞り込まれているのか?と考えた場合、まだ満足の行くパッケージには仕上がってないのかとも思えます。 平泉は「浄土思想」と「平泉の遺産群」の関係性にたいしての説明不十分と判断された訳ですが、鎌倉においても同様で。 確かに、地理地形のメリットを最大限に活用して生まれた武家文化、なので関係性は比較的明確でしょうが、その「武家文化」の定義をどうするか、で登録の成否が決まるんだろうなと感じました。

imageimage 

 

フォーラムでは西洋の騎士文化との対象による説明が試みられていて、客観性への足がかりもあります。 現代日本の中に武家文化がどう息づいているのか、武家文化のピーク時に存在していた禅宗や能といった個別要素だけでなく、民俗学・文化人類学的な特異性を「土地と人」というかかわりでどう定義するのかを興味深く見守りたいと思います。

また、市民としては世界遺産登録される・されないに関わらず市民が景観・歴史を維持する努力を「市民も」すべき、という点には賛同しました。 観光客でごった返し、市民が時として生活を拘束されたり、逆に観光客が住民によって阻害される事は、そもそも都市のコアコンピタンス喪失ですもんね。。

あ、フォーラムを通じて興味深かった内容として;

・「鎌倉学」なるものがある。(会場の鎌倉女学院には講座として存在する)

・鶴岡八幡宮の裏山が切り崩されようとした際、資産家が一帯を買取り、景観保護を市民ルーツで行った。この事が契機となり、「古都保存法」が成立。

・日本国内で「武家文化」を定義する場合、グローバル視点でみた「顕著な普遍的価値」としての有効性を十分に定義しない限り、「井の中の蛙」的なものにとどまる。

・市民の意見の吸い上げを加速させるべきという思想を委員会が持っている。一言もの申したい市民は多いはず。。

でした。世界遺産登録プロセスを普段 肌身で感じることはありませんが、この記事を書いていてなんだかエキサイティングな気分にさせられます。登録プロセスは、行政や国だけではなく市民が責任を持つ部分も大きく、ハンズオンで何かできないか、と考えさせられます。

日本にあるユネスコ世界遺産~暫定リスト~

↓↓↓ 応援のクリック、宜しくお願いします! ↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ image image image

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




実は進んでいるのか? 鎌倉の世界遺産化

0

アレはどうなったのか、と思っていたら、やってきました。 鎌倉の世界遺産化に向けた国際フォーラム第2弾現在作成を進めている「推薦書原案」の熟度をさらに高め、国際的な評価の形成と、地元自治体としての最終的なとりまとめを目的として、2回目の国際会議を文化庁との共催により開催。

DSCF5126 

○第1部【鎌倉の世界遺産登録に関する発表】市内在学の中学生・高校生

○第2部【講演】ジョセフ・キングさん(米国)、西村幸夫さん(東京大学大学院教授)を予定

○第3部【パネルディスカッション】講演者2名に加えてクリストファー・ヤングさん(英国)、ル・ズーさん(中国)、岡田保良さん(国士舘大学教授)、稲葉信子さん(筑波大学大学院教授)を予定

今回もどこまで進んでいるのか、参加する予定ですが、期待とは裏腹に前回のガッカリ感を引きずっていたりするRegainとしては微妙な心持ち。 はてさて。

 

↓↓↓ 応援のクリック、宜しくお願いします! ↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ image image image

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




鎌倉を愛するということと、世界遺産化は別

4

風は強いが天気は素晴らしい一日。 湘南国際村での「武家の古都・鎌倉」国際フォーラムに参加(拝聴)です。

「鎌倉を世界遺産登録するには?」がテーマのフォーラムで、講演とパネルディスカッションの2部構成。 何度か鎌倉の世界遺産登録については僭越ながらこのブログでも言及しており、楽しみに参加させて頂きました。

要旨:

・「歴史都市=鎌倉」という打ち出しでは申請は通らない事を、推進委員会も判った。

・「武家」=「侍」としての定義を行うには、世界における”Samurai”認識とのギャップが大きすぎる。

・登録遺産をツギハギで繋げても世界遺産には登録されず。アプローチとしては難しいが、鎌倉に対して日本人が連想する「山と景勝」のイメージに基づいてコンセプト固めを行うのが、訴求としては一番明確。

。。。って、いつの登録を目標に動いてるんですか?と叫びたくなってしまいました。誤解を恐れず言えば、今日のフォーラム内容は世界遺産化に向けた委員会の活動としては有用でしょうが、世界遺産として成立する為のグランドデザインを、時間軸とともに示して欲しかった。そりゃ、市民としては世界遺産登録される事を否定するものは余りいないでしょうが、世界遺産となる事での制約や、都市計画のマスタープラン変更も存在するはず。 現在の鎌倉市の計画、ひいては逗子・藤沢市など周辺の地域を含めたビジネスプランを前提にしなければ、鎌倉市自体が単なる博物館化=保存地域化してしまい、将来の発展とのバランスが成立しなくなります。

パネルディスカッション中で、「市民ができることはなにか?」という問いに対し、「生活レベルでの保全・モラル・教育」という回答がありましたが、そのレベルの議論では甘すぎる。「外資のエジキとなり、市民への恩恵が。。」という質問があったようですが、それは当然。鎌倉市に居を置く企業だけで観光誘致・地域連携・複合投資ができますか?という感じ。

(市の職員さんのご参加が多かったようで、内輪ウケの笑い声などああったのも、気に入らなかった一つ)

後援者のクリストファー・ヤングさんによれば、イギリスの申請を行う際にはPWCが入ってマスタープランの検討を行ったとの事ですが、然るべき方法かと。 文化保全的なメリットだけを追い求めて活動を行えば、結局巨額の運営資金回収を行えず、失敗例となることは誰の目にもあきらか。ル・ズーさんのプレゼンにあったように、保全のための立ち退き(景観的には改善)を実行を求められる可能性があるのも明らか。

そりゃ、表立って経済効果の話はできないかもしれませんが、今日の話は「ルール上の乗り越える難しさとかあるけど、でも俺たち鎌倉ラブだもんね」という事を再確認するにとどまる、サークル活動か?と思わずには居られませんでした。(委員の一人一人や、関係の方を非難している訳ではありません。あくまで推進方法に対する印象です)

鎌倉や、鎌倉の景勝を愛する事と、保全行為は別でしょう。企業の参加が運営規則的に、現段階で無理ならボランティアを募れば優秀な30代~40代が人脈を持って集まりますわ。(私も参加したいですわ。)個人的には、森トラストにコンサルティングしてもらったほうが上手くプロデュースができるのでは?と。

鎌倉の世界遺産登録に立ちはだかる人口増加政策

「武家の古都・鎌倉」の世界遺産登録に向けて

鎌倉の世界遺産登録について(2ちゃんねる)

それはそうと。 素晴らしい富士山が見えたことに、一番感動してたりして。 いやー。こんなの見た事ないや。

DSCF2530

Hatena タグ: ,

鎌倉の世界遺産登録に立ちはだかる人口増加政策

「武家の古都・鎌倉」の世界遺産登録に向けて

鎌倉の世界遺産登録について(2ちゃんねる)

↓↓↓ 応援のクリック、宜しくお願いします! ↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ にほんブログ村 海外生活ブログへ

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




「武家の古都・鎌倉」国際フォーラムって!?

0

DSC04548鎌倉を世界遺産にする為の活動としては久しぶりに大規模なものが実施されますね。

この国際フォーラムは、シンポジウムの中の1カリキュラムとして組み入れられたもので、神奈川県・横浜市・鎌倉市・逗子市ならびに文化庁との共催となるものです。

シンポジウムの骨子は以下の通り;

本国際シンポジウムにより、「武家の古都・鎌倉」の「顕著な普遍的価値」や「登録基準の適合性」の証明など、世界遺産登録に向けたポイントとなる課題について、国際的な観点から国内外の学識者により協議・検討を行い、今後まとめていく推薦書原案の熟度を高めることで、確実な世界遺産登録を目指そうとするものです。

国際フォーラムは2部構成。1部よりも、2部の内容が興味深いですが、果たしてこれは何をアウトプットとしたシンポジウム・フォーラムなのか?という事。

複数回実施して行くそうですが、これにより世論やイコモスへの働きかけとすることを意図してゆくとすれば、どのように進めてゆくのか?も十分に議論されるべきでしょうね。

傍聴参加のメール出します!

日時:2月1日

場所:湘南国際村センター(神奈川県三浦郡葉山町上山口1560-39)

<国際フォーラム構成>

ア 第一部(基調講演)

・講演者

・クリストファー・ヤング(イギリス:イングリッシュ・ヘリテージ 世界遺産・国際政策担当責任者)

・レイ・ボンディン(マルタ共和国:イコモス歴史都市委員会委員長)

・ル・ズー(中国:中国イコモス執行委員会副委員長、清華大学教授)

・五味文彦 (放送大学教授・同作成委員会副委員長)

専門:建築史

イ 第二部(パネルディスカッション)

・テーマ「世界遺産登録に向けた現状と鎌倉の課題」

・パネリスト 講演者4名と稲葉信子筑波大学大学院教授

・コーディネーター 西村幸夫東京大学大学院教授

↓↓↓応援のクリック、宜しくお願いします! ↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ にほんブログ村 海外生活ブログへ

Hatena タグ: ,
ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




「かまくらジャン」応援します。

0

世界遺産都市めざす鎌倉に「かまくらジャン」ブログ開設 (JanJanニュース08.10.30)

世界遺産登録について、様々な角度から取り上げる為のニュースを提供したい、というくだりに惹かれました。

かまくらJanJan

 

以下の指摘は、なるほど、と思わせられます。<鎌倉という独自のアイデンティティ>とは一体何か?を突き詰めることで、鎌倉という市を、そしてこの鎌倉という歴史地区を世界遺産としてマーケティングする際の強力なツールになりえるでしょう。地域記事を、世界遺産へまとめる切り口での記事、期待してます!

(強調:Regain)

鎌倉は日本の都である。住んでいる人、特にNPO活動に献身する主婦層やリタイア層、地元で仕事をする人々の古都鎌倉に対する誇りは、それを知らない人には想像もつかない。私も『鎌倉都民(かまくらを住居にして、東京に通勤するベッドタウン族)』の間は、地元の人の話を聞いて「鎌倉の人って、鎌倉が都なんですね!?」と驚いたものである。しかしながらここにどっぷり浸かったら、もはや頼朝公は昨日近所の山を歩いたようであり、八幡宮の神事を行っているように思える。八幡宮の宮司さんが、若宮大路を鎌倉時代に戻したい、というのももっともな話とわかるのである。頼朝も政子も、北条泰時も、今もこの都に生きているのである。人によっては実朝も大姫も、栄西も円月も、忍性も日蓮も、みな昨日話をしていたように生きているのである。

平安末期から今日まで古都を愛したすべての人々の心が集まるふるさととでも言おうか。「新編源氏物語」「北条物語」(いずれも私の造語だが)の舞台である。その心が、今は世界遺産登録のためにひとつになって、実は武家政権の始まり、日本の中世の始まりが世界人類にとってどのような意義を持っているかを探し求めている。だから今、鎌倉の市民社会は、日本でありながら<鎌倉>という独自のアイデンティティのなかで生きている。それをどのように他者に理解させるかが大きな課題なのだ。これまで、人の思惑をまったく気にせず鎌倉だけを見つめていた旧来の鎌倉人が、自らのアイデンティティを世界に理解してもらうために葛藤している。「かまくらジャン」は、この経過を客観的に伝えていきたい。

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




Go to Top