Posts tagged 旅行

北米渡航の際は注意

2

ご存知の方も多いとは思いますが、電子渡航認証システム(ESTA)の導入で米国の入国制度が変更になります。
2009年1月12日より、ビザ免除プログラムを利用して米国に渡航する全ての渡航者に対して、電子渡航認証の事前取得が義務付けられます。サラリーマンの方は事前に連絡が来ているでしょうね。
電子渡航認証(Electronics System for Travel Authorization、以下ESTA)とは、氏名、パスポート番号等をオンラインで登録し認証を得るシステムです。

ESTAによる認証がない場合は、米国行き航空機への搭乗や入国を拒否されますので、必ず事前認証を取得した上で出発下さい。
尚、申請内容には個人情報が含まれていますので、各自で申請する必要があります。面倒くさい。。

<手順>
ESTA申請画面⇒ https://esta.cbp.dhs.gov/ 米国CBP(税関国境警備局)のウェブサイト
入力データはCBPのデータベースに照会され、[承認]、[保留]、[拒否]の3種類から1つの回答を受け取ります。

[承認]された場合、渡航認証取得となりビザ免除プログラムを利用しての渡航が可能となります。
但し、米国への入国の最終決定は入国地の移民審査官が行いますので、米国への入国を保証するものではありません。

[保留]の回答を受けた場合、申請から72時間以内に再度ESTAにアクセスし最終回答を得る必要があります。

[拒否]の回答を受けた場合、査証申請が必要となります。

いずれの回答も申請番号が付与されるので、回答画面を印刷するなどして番号を控えておいて下さい。
渡航認証の有効期間取得から2年間有効で、取得した時点で旅券の有効期限が2年未満の場合は旅券の有効期限まで
となります。渡航認証の有効期間中に旅券に記載されている情報に変更があった場合は、新たに
渡航認証を取得する必要があります。

参考情報
・在日米国大使館ウェブサイト http://tokyo.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-esta2008.html

Q&A (在日米国大使館ホームページより抜粋)

Q)ESTA渡航認証はビザですか?
A)いいえ。ESTAはビザではありません。ビザが必要な場合は、渡米目的に適したビザを申請する必要があります。

Q)私は米国ビザを取得しています。ESTA渡航認証は必要でしょうか?
A)渡米目的に適した有効なビザを所持して渡米する場合は、ESTA申請は必要ありません。

Q)渡航認証は旅行のどのくらい前に申請する必要がありますか?
A)米国に渡航する前であれば、いつでも申請することができます。渡航認証は、できる限り早く、旅行計画が
   立てられ次第申請するようお勧めしています。DHSは、必ずしもすべての渡航が前もって計画されないこと
   を認識していますので、渡航直前の、または緊急渡航の申請にも対応します。

Q)ESTA申請に料金がかかりますか?
A)DHSは、当初はESTA申請料金を徴収しません。しかし、将来的には有料になる可能性があります。

Q)ESTAを通して渡航認証を再申請しなければならない場合がありますか?
A)はい。ESTAを通して新しい渡航認証が必要なケースがあります。新しいパスポートを取得した場合、氏名、
   性別、国籍に変更があった場合、「はい、またはいいえ」のESTAの質問に対する回答に変更があった場合
   は新しい申請書を提出しなければなりません。また、渡航認証の有効期限が切れた場合も、ESTAを通して
   新しい渡航認証が必要になります。

Q)ESTA渡航認証を受けた後、目的地の住所や旅行日程に変更があった場合はどうしたらよいですか?
A)ESTAが承認された後、目的地の住所や旅行日程が変更された場合、申請者は情報を更新することも
   できますが、義務ではありません。

Q)ESTA申請の際に間違い情報を入力した場合はどうしたらいいですか?
A)ESTA申請のウェブサイトでは、入力内容をオンラインで送信する前によく確認することが要求されています。
   さらに、ESTAウェブサイトは、送信前に申請者のパスポート番号を再確認することを要求しています。
   もし申請者がパスポートの情報や個人情報、または伝染病、逮捕歴、犯罪歴、ビザの取消しや強制送還歴
   の有無などの適性に関する回答を間違った場合で、ESTA申請書を送信した後に間違いに気づいた場合は
   新しい申請書を提出しなければなりません。Eメール、電話番号、便名、搭乗地、目的地などの間違いは
   ESTAの更新機能を用いて更新または修正することができます。

Q)第3国へ渡航する途中で米国を通過する予定ですが、それでもESTA認証が必要になりますか?
A)はい。VWPを利用してビザなしで米国を通過するのであれば、2009年1月12日以降はESTA渡航認証が必要です。

Q)ESTA渡航認証を取得していれば米国に入国できますか?
A)ESTA渡航認証は、米国への入国を保証するものではありません。CBP審査官は、渡航者の入国を拒否
  する権利を留保しています。

Q)ESTA渡航認証の申請手続きは、本人以外が代行して行う事は可能ですか?
A)はい。渡航者の情報をお持ちであれば、渡航者に代わりESTA渡航認証の申請をすることができます。
   ESTA申請書に入力する方は、渡航者の名前、生年月日、パスポート番号など個人情報の他に飛行機の
   便名や米国滞在中の住所などの渡航情報を英語で提供する必要があります。また、オンラインの申請書に
   入力する方は、伝染病、逮捕歴、犯罪歴、ビザの取消しや強制送還歴の有無などの適性に関する質問にも
   回答する必要があります。

Q)ESTA渡航認証を印刷し、渡米の際に空港で提出する必要はありますか?
A)渡米の際にESTA渡航認証のコピーを提示する必要はありませんが、渡航認証を印刷することをお勧めします。
    ESTA渡航認証に記載されている申請番号はESTAの更新または状況確認の際に必要です。

↓↓↓ 国際生活、覗いてみてください!! ↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ にほんブログ村 海外生活ブログへ

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




イタリア

0

最近、無性にイタリアに行きたくってしょうがない。
仕事上ではもう10年以上も前ですが、現地の販売代理店さんとの販路開拓で農家を駆け巡った程度しかないのだけれど。。面白かった経験ではあるんだが 今の直接的な動機とは関係ないのです。
最近東南アジアと国内の限定的な出張しかしてないので、モーレツ!に欧州、それもワークライフバランスの”ライフ”が重めな国に行きたくなっているのかもしれない。

そうそう。モーレツ!で思い出した。。

モーレツ!イタリア家族
これが相当面白いです。著者のヤマザキマリさんは今はリスボンに住んでいるようだけど。
とても紳士的で、イタリア人とは思えない旦那さんの家族は、モーレツなイタリア人達だった(どうモーレツかは読んでのお楽しみ)…というエッセイ漫画です。
ボクの友人にも国際結婚をしている輩が数名いるんだけど、彼らは彼らなりに”隣の芝”が気になるみたいで、この本と”ダーリンは外国人”は彼らにとって必携の書なんだそうだ。
純日本人カップルの我が家では、楽しませてもらってますが。。

そうそう、もう1冊。「フェデリコ・カルパッチョの極上の憂鬱」これも最高。
読んだのは5~6年前だけど。イタリア的な大雑把さと、繊細なセンスで日本が描かれていて、
何度読み返しても爆笑。訳(小暮修さん)が秀逸です。

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




Go to Top