Posts tagged 江ノ電

江ノ電沿線は、高所得者層が多し?

0

ホンマかいな。。都内や横浜をほとんど対象外としてるので、この評価は何とも言い難いですが。

第2回全国のエリア別所得・金融資産を推計 ~2008年は、所得は江ノ島電鉄、金融資産は井の頭線がトップ~

2010年3月30日 株式会社野村総合研究所

【総所得ランキング:鎌倉や宝塚などの高級住宅街に高所得者が集まる構造】

世帯あたり総所得のランキングは、1位江ノ島電鉄線、2位阪急甲陽線、3位京王井の頭線となりました(表1)。江ノ島電鉄線、阪急甲陽線のいずれも、前回(2008年10月)の集計では対象外としておりましたが、3位(前回1位)の京王井の頭線と同様に高級住宅街を中心としたごく短い営業区間の路線であり、当該エリアの所得水準が相対的に高いことなどから上位にランクインする結果になりました。4位~6位まで東京急行電鉄が名前を連ねますが、これは所得水準の高い現役世代が比較的多いこと、沿線ブランドが周辺物件の不動産相場を押し上げ高所得者が多く集まってきていることが要因として考えられます。

image

東洋経済オンラインによれば、

路線延長が長くデータのバラツキが大きいJR線や、大都市中心部に集中する地下鉄、モノレール等は沿線の特徴が出にくいため集計からは除いている。

との事。そりゃそうですよね。東洋経済記事には、言い訳的に、23区の所得図分布があったりしますので興味のある方は、先のリンクをご参照くださいね。

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




江ノ電の歌

0

今日から江ノ電の中吊り広告で、「江ノ電の歌」ノミネート作品が掲載されています。

全国各地から寄せられているんですね。

で、江ノ電のHPを見てみると、「江ノ電の歌」の歌詞は既に決定しており、今はメロディー募集時期なんですね(驚)!

歌詞は、こんな感じ。(4番までありますが、2番まで引用)

『好きです江ノ電』♪

①海沿い走る 江ノ電は

父さん母さん 僕たちが

生まれる前から 走ってた

波間にヨットが 島影が

車窓(まど)に広がる 海と空

好きです 江ノ電 僕らの自慢

②十五の駅を 江ノ電は

軒先かすめて 駅ごとに

幸せはこんで 今日も行く

藤沢 江ノ島 鎌倉と

町と人とを 結びます

好きです 江ノ電 僕らの希望

 

 。。なんだか、携帯の着信になる日が近いと思われ。

Hatena タグ:

↓↓↓ 応援のクリック、宜しくお願いします! ↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ にほんブログ村 海外生活ブログへ

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




エンセン・テン(#3) そして地域との共生

0

mainvisual01.gif

 

 

 

 

 

ご存知の方には何をいまさら?なのかもしれません。

新参者の私には、非常に印象深く映ります。

私は、鎌倉に来るまでこんな素敵なコラボレーションがあったなんて知りませんでした。
深夜に、鎌倉駅から江ノ電への乗り継ぎの掲示板で、ふと目にとまったのが知ったきっかけです。

気に入ったものから、じっくりとどうぞ。
ちなみに私は、こくぶ ともみ さんの作品が素敵だと思いました。(さて、どれでしょう?)

 

全体からあふれる、飾らない優しさが、素敵です。

エンセン・テン(沿線展)は、毎回10人の湘南アーティストがくりひろげる 恒例の秋のアートイベント。 2008年の今年で、第3回目を迎えます。  
 江ノ電の車内が、10人のアーティストの作品だけをかざったアートギャラリーになります。
 そして、沿線各地ではアーティストの個展が異なる10の会場でスタートします。
 江の島では、展望灯台でも展示。
 秋のはじまりとともに、江ノ電沿線に 心を元気にするアートがあふれ出す、エンセンテン。
9月の湘南は、まるごと、エンセンテンの季節。

 

01-3.jpg

 

02-3.jpg

03-3b.jpg
04-3.jpg

05-3-2.jpg
06-3.jpg
07-3.jpg
08-3.jpg
09-3b.jpg
10-3.jpg
過去のアーカイブも楽しいです。まだ3回目ですが、ずっと続けて欲しいコラボ企画です。
経営用語でサステナビリティ、という言葉がありますが、同じ言葉がコミュニティに対しても当てはまると思います。
企業で働くのと同様、地域で生活する。
日々の生活が、芸術を生み、環境への愛着へ繋がる。
何を大切にするのか。生活の半分は会社と言います。アーティストとしての参加はできなくても、地域への何がしかの参加を行うことで、エリアサステナビリティへの貢献ができるのではないか、と考えさせられました。
アメリカなどは代表的な例ですが、海外で暮らすと、好むと好まざるとにかかわらず、日本人の視点からは積極的なコミュニティ活動を多く経験します。当時の私のメンタリティからすると、単なるソーシャライズ、と半分 はすに構えて考えていましたが、今にして思えば地域に根を貼って生活を豊かに過ごそうとする積極的な動機なのかもしれません。
かつて奨学金でお世話になったロータリー財団の活動などは、日本においてはもっと積極的にコミュニティの中で活用されても良いのでは、とも思います。

こうした活動を継続する事で、日本の魅力はもっと高められると思います。
国家・自治体の予算だけで国は、豊かにできません。

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




Go to Top