Posts tagged 鎌倉投信

【おススメ本】 「外資金融では出会えなかった 日本でいちばん投資したい会社」

0

 

当ブログでも何度も取り上げさせて頂いている、鎌倉投信の処女作。 外資金融では出会えなかった日本でいちばん投資したい会社

おめでとうございます!

出版のご連絡はかなり前から頂いてて、ものすごーく楽しみにしていたのですが出張だなんだで、ずっと一番読みたかった本にかかわらず、読了できたのがすっかり遅くなってしまいました。

本書を読むと、セミナーに参加できない遠方の方でも鎌倉投信が何を目指している会社なのか? そして「結い2101」とはどういった投資信託なのか、言ってみれば「心」の部分がたいへん丁寧に書かれており良く判る内容になっています。

そもそも投資する側からすれば一般的に見えにくい運用者の直接的なビジョンの伝達手法として鎌倉投信は「結いだより」やブログを持っている訳ですが、定期的な情報更新としてのそれらメディアとは異なり、ページを繰るごとに伝わってくる静かな、そして熱い思いが本書のいたるところに満ち満ちている、まさに「良書」だと言えるかと思います。

本書は以下のような構成になってます;

第1章 儲けようとしない”自利利他”のこころが投資に利益をもたらす
第2章 高いリターンを求めない年輪運用
第3章 日本でいちばん投資したい「いい会社」
第4章 目に見えない価値が目に見える価値を生む時代
第5章 「場」としての鎌倉投信
終章 投資の果実とは

投資はまごころであり、金融はまごころの循環である
『道徳なき経済は犯罪であり、経済なき道徳はたわごとである』

この価値観に共感できるかどうかで、鎌倉投信に投資するかどうかは分かれるところだと思います。 直販投信を採算ベースに乗せるためのボトムラインとしては預かり資産が100億円必要だとも言われている中で、鎌倉投信が身を置く環境には相当高いハードルがあるのも事実です。

3.11の大震災を契機に、日本人が目指す「成功」の定義は大きく変質してゆくように思います。 破壊的創造への第一歩として現状を捉えるとするならば、鎌倉投信が投資する「いい会社」は創造の為のマイルストーンの一つであると言えるかもしれません。

だからこそぜひ鎌倉投信には、独立系・長期保有系のアクティブ投信として他に類を見ないその投資理念だけでなく受益者と投資対象企業をつなぐ活動も含めて、これまで以上に広くその意義を伝えながら、関係するすべての人々へ「まごころ」を届けて行って欲しいなあとも思います。

 

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




Change The World、Misson Statementを更新

0

 

image先日 こちらのエントリでご紹介させて頂いた鹿庭さんから、お礼とともに「Change The Worldのmisshon Statementを更新したよ~」とのご連絡が。

微力ながら、少しでもご紹介させて頂ければと思い、以下に全文を記載します。

<What is “Change The World (CTW)” ? >

チェンジザワールド合同会社が経営・運営する3つのプラットフォーム「表参道アカデミー」「CTW – VISION FORUM」「CTW-tv」は、原宿表参道にあります。
私たちが次世代を思い、継承したいのは「いのちの文化」「地球や社会のために行動する文化」です。
社会に貢献できる今とこれからのビジネスの形は、伝統文化や匠の継承、コミュニケーション、デザインや音楽など、多岐ににわたる表現活動と有機的に結びついていることをもっと示すべきと私たちは考えています。そのすべては生命の発露であり、私たちはその畏怖と視線を根幹に据えながら、開かれた日本人としての精神文化を携え、いま私たちの国が陥っているさまざまな社会問題の融和解決に向けて、よりよい世界と社会のための本物の「現場の取り組み」、地に足の着いた「生活と仕事」、そして情熱と志を学び、課題を共有し、そして何よりも次世代のために生き生きと「実践」する人とメンタリティを育む事を目的としています。
表参道という「地域」に貢献すること、子供たちから見た社会像を大切に、あらゆる分野のエキスパートと共に日本発の創発(イノベーション)を模索、提案、実現してゆきます。

<表参道 CHANGE THE WORLD〜Mission Statement>

共存共栄のためのプラットフォームメディアを提供します。
よりよい社会と世界に貢献する人材育成支援と後継者育成支援
よりよい社会のための雇用機会創出支援
社会貢献型のキャッシュフローと事業モデルを構築模索します。

皆様のお力添えと共感のちからをいただけますよう、心よりお願い申し上げます。

image

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




平日の、鎌倉Life Rich!!

1

 

アジ釣りの日焼けが若干ヒリヒリする月曜日、久しぶりの平日フレックスホリデー。 今日という日を実は大変に楽しみにしておりました!!

鎌倉投信で知り合ったOさん夫妻、Kさんとの早朝サーフィン&まったり休日計画の実行日!! 不肖Regainが講師となって朝08:00から由比ヶ浜で始まったサーフは、皆さんのセンスの良さに助けられてレクチャーする方も大変楽ちん&平日という最大のメリットもあってか、人の少ない由比ヶ浜でかなりの充実度。 (Raveさん、大変お世話になりました!)

その後、七里ガ浜のBillsへ移動し火照った体を癒す「世界一の朝食」をみんなで堪能。 七里ガ浜を見渡す最高の景色と、静けさの残る朝の空気を感じながら食べる ふわふわのリコッタパンケーキ、最高!!

その後、我が家にてまったり過ごした後に、夏休みに祖母の家へ帰るような懐かしさを抱きながら鎌倉投信へ乱入を結構。突然の訪問にも関わらず、鎌田さん・新井さんも温かく対応下さってさらに満足度アップ。

最後は、松原庵で軽食をとりながらゆっくりと今日の出来事を語り合い。この季節、観光客で一杯な筈なのですが平日の、空いた時間だった事もあってか、貸切状態でテラス席を独占。

いやー。 これは最高な一日でした。 静謐な空気。おいしい食事。普段の雑事を忘れられる友人たち。そして、「つながり」。 一つ一つが高いレベルで、すばらしい完成度だったような気がします。 絶対継続したい催しになる予感。こ の日、Regainは自分の仕事の話は一切しませんでした。それぞれのメンバーも、普段のネットワークでするような話とは全く異なるリラックス感で自分たちの思いを交わしあったり、という感じの、素晴らしい「熱い大人のオフ」だったと思います。

この延長線上に広がるのは何かしら。 一つのコンセプトを軸に、「縁」でつながる鎌倉投信の支援者の皆さんが、オンでもオフでも類を見ない個性の集合体になると、それ自体がブランディングも素晴らしいものになる筈。

いや、そんな理屈はどうでも良くって。とにかく、皆で心の底から楽しむこの会を続けたい!と思った「ライフリッチ」な一日でした。

最後にOさん夫妻、ワインありがとう! 賞味させていただきます!!

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




人と人とをつなぐ鎌倉投信~セミナー参加で思う~

0

  これまで何度か当ブログで取り上げさせていただいた、鎌倉投信。 3月29日に旗艦ファンドである「結い2101」がいよいよファンド設定される事になっており、趣旨・内容確認のためのセミナーへ参加。というか、鎌田さんとすっかりご無沙汰してしまっているので、お会いしたかった、というべきでしょうか。 独立系&直販系で、日本の「光る企業」へ投資するカリスマ的ファンドとしては さわかみファンドや、コモンズ投信がありますが、鎌倉投信が2社と顕著に異なるのは、なんといいますか、「持続可能な成長」をパラメータとすると投資手法なんだと思います。運営当初は20銘柄、2013年3月には100銘柄を対象に据え、投資先の選定条件はさわかみやコモンズよりも長期的な視座。 日本ならではの技術と、それを作り上げる従業員の就労満足度など「大切なもの」を持つ、シンボリックな会社を対象としています。

飽和した金融から新しい価値を生み出すこと。 美しい言葉ですが、ハンズオンVCでもなく、PEでもなく公募投信として敢えて「投資家の意を問う」的なスタイルは、セミナーの中で鎌田さんがおっしゃっていた、「お金を出す側にも責任はあるのではないか」「意識のないお金は何にも投資できない」というコメントに集約されます。ともすると、ファンドの外面に魅かれてお金を突っ込み自己満足に浸るような投資家のスタンス(Regainか。。)とは一線を画し、運用会社がポータルとなって企業と投資者をつなぐことで製品価値を伝えてゆくようなファンド、もしくはそういう運用ビジョンって、稀有なんじゃないかと改めて考えます。

これまた鎌田さんの受け売りですが、①日本の金融機能不全、②大企業の「経営サラリーマン化」、そして大企業の③カバーする製品カテゴリーの「網羅化」がピーク的(危機的?)に進む中で、鎌倉投信的な投資哲学での資産運用は、出資者の視点から見ればマイクロファイナンスのさらに先にある『「人とモノとカネ」をつなぐ、新しいポータルプラットフォーム』みたいな形態で、期待感が改めて高まります。

あ。 セミナー後、鎌田さんがおずおずとビールを出してくれて始まった懇親会も大変面白いものでした。年齢も業界も異なる様々な参加者が、鎌倉投信のビジョンをコアに雑談できるのは、少人数だからかもしれませんが非常に濃密な価値があります。その際に出していただいた日本酒「自然酒 五人娘」。 無農薬の米と蔵内の井戸からくみ上げた地下水を使い、微生物が発酵させる昔ながらの製法。もちろん無添加。蒔けば芽が出るという自家栽培のお米を使ったお酒はエネルギーがいっぱいなのだそうです。

「五人娘」の由来は。。。以下の本に書いてあるそうな(笑)。 本日お会いした方々、これからも鎌倉投信を通じて色々お話させていただけると幸いです!

発酵道―酒蔵の微生物が教えてくれた人間の生き方

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




【ご紹介】 鎌倉投信 鎌田さんとお会いしてきました。

2

先日こちらでご紹介させて頂いた鎌倉投信。 光栄なことに、鎌田さんご本人からご連絡を頂き、お会いして参りました。

投信と言えば銀行・証券のリテール窓口的なオフィスを想像していたのですが、鶴岡八幡宮から少し奥に入った静かな場所にある古民家を活用した素晴らしいオフィスにまず圧倒。 小規模のセミナーはこちらで開催を加速させたい、というお話から始まりました。 濃密な時間を過ごすことができ、刺激をビシビシ頂くことができましたので以下に少しだけご紹介を;

1)現代の大企業は経営だけでなく戦略までもがサラリーマン化してしまっていて、ブレイクスルーを作りにくい「環境の呪縛」に囚われてしまっているのではないか

2)こうした経済環境の中で、技術力を持つ日本の中小企業へ積極的に投資を進められるインフラが、残念ながら現在の日本の金融システムにおいては未整備。本来であればメガバンクだからこそできるインキュベーションが、硬直化した融資フローによって芽を摘まれてしまっている。 地域密着レベルで言えば信金が主たるサービスを提供しているに過ぎない。海外における中小企業支援の実態と、この点が大いに異なる。

3)長期スパンで投融資を行う行為そのものが定着していない。その意味でさわかみ投信は澤上さんの強い意志と卓越したリーダーシップで、パイオニア的な存在。問題は、その後続が、日本の企業を継続的にサポートできる土壌が整えられるかどうか。(鎌田さんの静かな熱意をひしひしと感じました)

4)鎌倉は「伝統と革新」の息づく場所と思う。鎌倉・日本・グローバルすべての視座に立つ企業活動・情報発信はブランディング的にも有効。

5)ワークライフバランスが企業に存在しなければ、企業活動そのものの生産性が最終的には停滞する。

などなど。鎌田さんご自身は大変ご丁寧な方で、Regainの質問にも一つ一つご自身のお考えをお伝えくださり、改めてそのビジョンに共感した次第です。Regainが事業会社の海外マーケティング&立上屋でなく金融系のキャリアだったら、間違いなく手を挙げて参画を希望する所です。(ご承諾いただければ、、ですが(笑))

閑話休題。 11月8日に、鎌倉商工会議所で鎌倉投信により「日本で一番大切にしたい会社」の坂本さんと、鎌田さんのセミナーが開催されます。

都内からも一時間程度で参加できます。ご興味のある方、ぜひお申込みを!

<クリックするとPDFへ飛びます>

image 

image

 

日本でいちばん大切にしたい会社
坂本 光司
あさ出版
売り上げランキング: 158
おすすめ度の平均: 4.5

5 人として、生き方の問題ですね
5 やはり原点はここでしょう
5 正しい企業経営とは何か
5 どの会社も本当に立派な志を持った会社で学ぶことが多かった
5 泣きました

ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




Go to Top