祝 FABLAB浜松 誕生!

0

 

先の7/27(日)、浜松へひとっとびしてきました。

 

実は、前からじっくり見たかったドキュメンタリー「Maker」の上映会と、FABLAB浜松の説明会(結成会)が開催されると聞きつけ、どうしても足を延ばしたくなり。

「本場」アメリカにおけるMakerムーブメントの今を追いかけることに興味があったというよりも、日本でそれがどう興味を持たれているのか?についての関心の方がRegain的には高かったのですが、参加して本当によかったです。

 

DSC07942DSC07947

 

Take Spaceの竹村さん。

DSC07948DSC07954

メイカーズムーブメントの熱気感じられる素晴らしい結成会で、これから、ここからひとが「つながり」、「なにか」が生まれてゆく伊吹を感じました!

 

Documentary Film「Maker」ですが、こちらも見ごたえ十分。

 

およそMakersの「作品」は、オープンソースを前提としていて「模倣は当然」の世界なのですが、それ自体は課題でもなんでもなく、「コミュニティの形成」とそこから生まれる「カルチャー」が大事なのだ、というくだりは、Makers Movementが産業の萌芽というよりは文化の成立なのだ、という風に再認識できてこれが一番大きな収穫だったかなと。

 

作品中でも言われていましたが、アメリカにはかつて「ホットロッド文化」もあり、「DIYer(日曜大工愛好家)」「Tinkerer(機械いじり愛好家)」という「趣味の領域」に属するひとたちがいるわけですが、それと「Geek(ガジェット・ネット大好き)」やさらには「Nerd」が融合・共存をしているのが今のMakers Movementの一側面。

 

そうした「アメリカ的」文化が、フィルム中でも指摘されているMakers Movementの汎用性・拡張性の高いエコシステム(以下)で「しくみ」として回り始めた感を非常に強く受けました。

■ Makers Movementのエコシステム

  • Education
  • Prototyping
  • Cloudfunding
  • Manufacturing

(GeekとNERDの違いは ↓ がわかりやすい)


From: MastersInIt.org

 

こうしたマクロ的な視座の考え方は、いろんな人がいろんな意見がありそうですが、結局このムーブメントは「人」の内面が主体になっていて「やりたい」「つくりたい」をどう実現させるか=「なにを、つくるか」に尽きます。

富士山のふもと、素晴らしい活動が加速すること、楽しみにしながら静岡を後にさせていただきました。

いやー、楽しかった。

 

(以下、当日のフライヤー。「浜松ハック!」面白そうです・・)

DSC07944

DSC07943



ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ

海は楽しかったですか

0

 

今年の夏も、楽しんでいただいていますか?

海は、楽しかったですか?

wpid-IMG_0872.jpg

wpid-IMG_0869-2.jpg

wpid-IMG_0873.jpg

訪れてくださった皆さんへ。

鎌倉は、小さな街です。

テーマパークのように、人工のアミューズメント施設じゃありません。

暮らしているひとが、いるのです。

毎朝、花に水をあげているひとが、いるのです。

来年も、ぜひ来て下さいね。



ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ

待望の大衆焼肉「マルギュウ」

0

夏は体力が勝負。

ああ、肉が食べたい。

Regain家での焼肉といえば「上質なお肉と時間=”風和”」で、「しっぽり夫婦時間=”羅生門”」でした。

海の家に出向いてワイワイも楽しいのですが、ガッツリほおばりながら会話を楽しみたい、そんな時には少し前なら”やんちゃ坊主”だったのですが、惜しまれながらの閉店で、なかなかピッタリくるお店がなかったのが最近の鎌倉事情だったりしました。

ああ・・(ため息)

そんなRegain夫婦の願いを聞いてくれたかのように、ついにこの7月にオープンしたのがマルギュウ

肉とめし 由比ヶ浜 マルギュウ 海と歴史と焼肉と!海と歴史に囲まれた長谷に新たなお肉の殿堂誕生。家族や仲間とおいしい焼肉を食べていると、幸せじゃありませんか?仲間や家族と、そんな幸せなひとときを過ごせる場所になる事を目指して、焼肉 マルギュウは生まれ、”おいしいお肉で幸せな時間 ”をコンセプトに営業させていただきます。厳選された黒毛和牛をリーズナブルな価格で、誰でも ”おいしいお肉で幸せな時間 ”を過ごせますよう頑張ってまいります。特にマルギュウでは高品質な和牛の赤みにより力を入れて、”和牛の赤身は旨い!”と来店された全てのお客様が、そう感じていただけるべく日々努力をしてゆきますので、ぜひ一度ご来店ください。マルギュウHPアドレスhttp://www.marugyuu.com/

 

鎌倉山に引越しされ久しぶりにお会いするO家ご夫婦と、「肉でしょ!」と言うことで即断即決、行ってまいりました。

かなり地元の雰囲気があふれるディープなロケーション。

DSC07924

 

出てくるお肉もお酒もリーズナブルながら、お店の「ニク愛」が伝わってくる、素晴らしいセレクション。

 

DSC07927

 

ともすると赤身系に行きがちだったRegain家ですが、こちらの内臓系はレベル高し。

おススメいただいたシンシン(もも肉)も最高でしたー。

image

いや、本当はもっと写真を撮りたかったのですが、ワイワイ盛り上がりすぎてタイミングを逸してしまいました・・また近日中に行きます!!

 

※あ、個人的にはマルギュウのHP、お店の方々の人柄がにじみ出てて、丁寧に作りこんであって、好きだなー。

Hatena タグ: ,



ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ

【ご紹介】皮を愛する人たちと「ものづくり」

0

 

Regainは皮が好きです。

というか、靴やかばんやら、磨きあがったツヤと、使い込んだ味わいを見るごとに、クラクラします。 独身のころには靴でいえばオールデンやエドワードグリーン、かばんでいえばハートマンなどなどにかなりお金をつぎ込みました。

 

そう。皮フェチ。エロエロです。

 

同じく皮を愛する知人の言葉を借りれば、「性的興奮すら覚える」というあの感覚がたまらんのです。別に皮に限らず、個人的な倒錯の世界って、だれに何を言われても気にならず、そんな自分がたまらなくいとおしいかったりもして、不思議なもんですね。

 

ここ鎌倉にも、素敵なレザーメイドの品を作る・売るお店はたくさんあるのですが、先日お邪魔した井手しのぶさんのお宅でご面識をいただいた方から、ご紹介いただいたのがこちら。

 

image

 

image

靴産業発祥のまち、浅草。

そして、このA-ROUND(エーラウンド)は浅草エリア一帯で開催される、ものづくりのフェスティバル。昨年の11月に大盛況のうちにフェスは終了したそうで、期間中は、ものづくりマーケット、町工場見学、ワークショップなど100の催しが開催されたとのことで、皮フェチにはたまらないイベントです。

 

今年も10月に開催予定とのこと。楽しみです。

 

思い起こせば昨年は、事業立ち上げのプロジェクトで、こうした「外の世界」に目を向けることを全くしていなかった・・悔やまれます。

海外の皮革製品に傾倒していた当時のRegainは、国産の靴や皮革製品が正直、あまり好きではありませんでした。なんというか、「エロさを感じない」ものばかりだったからです。

でも、今は全然違います。皮を、というかそれぞれのカテゴリーで皮を愛する人たちが、徹底的にグローバルを意識して作りこんだ製品の数々は、世界でも屈指の「エロさ」を持っていると思ってます。

その意味で、「地域」×「伝統産業」×「ハイテク」による革新的な製品が、ここ浅草からは、これからもどんどん作られて、そして発信されてゆくんじゃないでしょうか。

 

image

 

あ、ちょっと真面目に思ってることが。

クラフト系のものづくりはで生まれた独創的なアイデアというのは、およそ1点ものの性格を帯びる関係でなかなかマネタイズが容易ではないというのが従来(旧来)の考え方でした。

そこで課題となるのは、資金とユーザー数の定義。どれだけ作って、いくら必要になるのかという点が、コストとの見合いで非常に判断しづらかったわけですが、今はクラウドファンディングがそのボトルネックをかなり解消してくれます。

こうした取り組みが、もっと日本から世界へ発信、つながっていったら素敵だなーと想いを馳せるRegainでした。



ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ

かんどー!!

0

Hatena タグ:

image

 

昨日、オフィスビルの喫煙スペースで、テナントを改装中の業者さんが。

 

ひとりは40代後半のベテランさん。もう一人は20代後半のルーキーさん。

 

「オレの給料ってなんなんすかねー。搾取っすよねー。」

 

「お前、ヤンキースタジアムに入る人数知ってっか?」

 

「え?しらないっす」

 

「約5万人らしいぜ」

 

「イチローはな、その5万人を感動させられるんだぜ」

 

「そうっすよねー」

 

「報酬って、『感動』のお礼なんだってよ」

 

「今のオマエ、まだ一人くらいしか感動させられねーんじゃね?」

 

「人を、たくさん『感動』させてみな。」

 

「ま、オレもまだまだ甘いけどよーかっかっか」

 

 

・・・・・・いや、おじさん、感動しました!

 

※実話です。



ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ

朝活?Good Morning Kamakura? 楽しそうじゃないですか!

0

image

この季節、平日・休日を問わず観光で大賑わいの鎌倉。

「どこ行っても人だらけだよね~」という会話が住民だけでなく、観光で来られた方々も交わしてるという、まさに盛況テーマパーク状態が、ピークにならんとする季節でもあります。

・・・一方、朝の時間の空気は、格別だったりします。

鶴岡八幡宮界隈だろうが、長谷寺近辺だろうが、由比ヶ浜、七里ヶ浜だろうが。。およそ、自然と人の営みを感じられる場所の早朝では、非常に「心地よい」時間がながれています。

もっと朝時間を活用したいなあ、みんなそう思ってんじゃないかな、みたいなことを考えていた矢先にできたのがこちら。

 

Good Morning Kamakura

 

鎌倉の代表的なIT企業と称される、KAYACが中心となり運営しているクラウドファンディングサイト ”iikuni” で成立したプロジェクト案件”Otento Sun Project 2014”のアウトプットの一つでもあります。

暮らす人 朝のアクティビティに参加して運動不足解消!最近調子がいい! 働く人 お店も朝からOPEN! 朝から働いて夜は家族で晩ごはん 旅する人 朝のイベントに参加して鎌倉に友達が出来ました

(画像はiikuniや本サイトから拝借させていただいています)

個人の朝の充実が、地域の朝の充実になり、社会の充実につながってゆけば、最高ですね! フリーペーパーも限定店舗で配布してます。

いますぐGoog Morning Kamakura のサイトをチェックしてみてください!



ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ

井手しのぶさんの ”Atelier 23.”祝開店!

0

 

3連休の中日、各種行楽にお出かけのかたも多い中、久しぶりに葉山へ。

リフォームでお世話になってからとても親しくさせていただいている井手しのぶさんが、ご自身のお店 “Atelier 23.”を7月6日にオープンされたので、そのお祝いに行ってきました。

いつもながら素敵な家だねえ、と思いながら玄関アプローチに目をやると、、
以前とは似てるようで全く異なる外観!

テラスがある!

お店になってる!

緑が増えてる!

DSC07916

内装含め、基本的には井手さんがすべてご自分でデザインだけでなく施工まで手を動かしてお作りになったこのお店。

本当に素晴らしい(というか、Regainには逆立ちしてもできない)。。

目印は、この特大スプーンがモチーフのドア。かっけー。

DSC07912

店内もまたオシャレ。以前の事務所然とした雰囲気、まるでなし。

本当に、フランスの地方のお店を訪れたような気になります。

DSC07903

入ってやはり目が行くのは、井手さんセレクトの、素敵なアイテムの数々でしょう。(ヨメさんがまた目を輝かせてました)

好きな人にはたまらない筈・・

DSC07908

で、メニュー。ほっとくつろぎながら、”井手さんの味”を堪能できます。

※個人的におススメなのは、カレー。食べたことないのですが、井手さんいわく「止まらなくなるよー」と以前おっしゃって居られ。男子的には超気になる。

DSC07907

本日のお食事の数々。井手さんの心がこもっててどれも「あったかい」料理。
うまいー。

DSC07920

DSC07919

DSC07923

あ、ここでは写真を載せられませんが、お見えになっていた方々もみな気さく。

井手さんを輪の中心にして「ひとつのコミュニティ」がこの場所でできるんじゃないか、そんな気にさせられる素晴らしい出会いもあったりします。

今後、井手さんとしては物販もさらに充実させながら、ご自身もお客様も自然体でくつろげる空間をさらに実践してゆきたいとのこと。楽しみですー!

葉山や横須賀へお越しのかたは、ぜひお立ち寄りくださいませ!

 

 

(余談)

由比ヶ浜や七里ヶ浜は殺人的な混み具合、、というので、長者ヶ埼の海岸に降り立ってみました。おおー。これはシークレットビーチ!案外使えるかも!

DSC07897



ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ

想いを馳せる『昭和の鎌倉風景 around 1955』

0

DSC07889

 

我が家の「夕飯緊急避難場所」としてお世話になっている、定食屋しゃもじにてヨメさんが発見。

いいっすよー!ということで、パラパラとページをめくってみると、想像をはるかに超えるスケールと、生活密着間のあふれる鎌倉の姿がそこに。

で、三留商店でお買い求めさせていただきました。うわー。

  由比ヶ浜海岸と滑川河口

松林・波のセットの入り方・広大な浜。

DSC07890

 

  団蔓の桜

この木々の多さと、人の少なさ。そして、このアングル。
(ホント、どうやって撮ったんだろう・・)

DSC07891

 

  RESTAURANTリビエラ 長谷2丁目 稲瀬川

昭和29年の風景。なにこのウォークスペース。気持ちよさそう。

DSC07893

 

一部だけご紹介させていただきましたが、他にも今の鎌倉とは全く異なる風景が満載で、見ていて飽きません。

それは、カメラマンの竹腰眞一さんの想いが写真から溢れてくるからに他ならないような気がしてます。この写真集は36歳の竹腰さんが不慮の交通事故でお亡くなりになって後、50年以上もひっそりと眠っていたものを纏められたものですが、鎌倉の何を残し、「テーマパーク化するこの場所」の、何を変えてゆくべきかについても考えさせられます。

昭和の鎌倉風景 around1955
昭和の鎌倉風景 around1955
posted with amazlet at 14.07.20
竹腰 眞一
冬花社
売り上げランキング: 476,899

MSN産経ニュース: 2014.5.8

戦後の鎌倉がよみがえる 早世の写真愛好家、長男が作品集を出版 神奈川

 

Hatena タグ:



ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ

自分のドラマ企画書を作ってみよう

0

 

自分を、望むようなポジションやキャリアに持ってゆくにはどうするか・・
キャリアゴールの設定、逆算思考、人脈構築、資産形成、生活習慣、、、、、、、様々な側面からのアプローチが存在しますが、先日 年下の方から問合せを受けた際にお答えしたのが、これでした。
別に偉そぶるつもりは全くないのですが、これまで様々な方法を試行錯誤しながらたどり着いたのは:
  • 「高みを目指すなら、内容は削ぎ落とされて、シンプルになっている必要がある」
  • 「虚飾を交えず、自分自身が腹落ちしたうえでその目標に向かっていく必要が有る」
  • 「自分自身が、胸を張って言えるような内容である」
  • 「現在の自分から、その先へと、ストーリーとして成立するイメージが必要」
ということでした。
逆に言うと、冒頭で書いたようなアプローチを一つに纏めて、自分自身が十分満足できるようなイメージを具体化できる一番シンプルな手法は、「手帳への書き込み」「読み直し」という手法だと未だに思っているのですが、そのコンテンツがどれだけ具体的か?ストーリーとして成立しているか(ハプニングも想定しながら)?で、自分自身がその目標と向き合う姿勢や真剣度が変わってくるという、「ドラマ仕立ての重要性」でもあったのです。
そもそも企画書って、作った人には非常に難易度の高いもの。
誰に、何を、どうやって提案したいのか、という、通常だって何日も推敲を繰り返しながら完成させる、その人の独創性が一番試されるものであるがゆえに難しい訳ですが、その企画書そのものが、自分のキャラクターを体現した「結晶」でもあると思っている訳です。
ビジネスキャリアを追求する為の情報って沢山ありますが、自分自身の内面に振り返りながら、それをアウトプットとして取り出す事は本当に難しい。ともすると、成功事例を横目で見ながら、「まるっと」自分もそのようになりたい、、みたいにパクってしまって、結局 自分の「なにものなのか?」という問いに自分自身が答えきらないまま、成功の足跡をたどるようなキャリアを追求してしまうケースに陥りがちなような気がしています(勿論、自分自身の結果を踏まえてもいます)
この話を聞いた年下の某君は、最初この話を聞いたとき、しばらく理解不能な状態でした。
きっと、先輩から「心打たれる素晴らしい話」「すぐに刺激を貰える話」という、いわば「自己啓発本のライブ版」みたいなものを聞かせてもらえると期待していたようなのですが、投げたボールを投げ返された、的なRegainの回答がご自身の中でイメージできなかったみたいでした。
が、それはそれでいいんじゃないのかなあと思っています。
Regainも含め、ひとにはその時々で「どれだけ消化できるか」があるし、それは、その人の思考のステージに応じて変わるものだと思うので、Regainの言った「じぶん企画書」が、脳裏のフックにかかるだけでもイイ。
それだけでも、話をさせてもらった価値はあるはず、とそんな風に思いながら話を貫き通させてもらいました。
みなさんはどうでしょう。
自分を企画することって、イメージ湧きますか?



ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ

小坪のお祭り

0

 

知人にお招きを頂き、先週の日曜日に小坪漁港のお祭りに参加してきました。

そう、参加です。担がせて頂きました。

実は昨年も担がせて頂いており、今年が2度目。
とは言え、昨年は普段着のまま飛び入り参加だったのに比べて、今年は衣装含めて準備も抜かり無く、最初からご一緒させて頂きました。
ちょっと調べてみると、小坪と言う場所を上手く表現している方がいらっしゃったので引用させて頂きます(大ちゃんさん、お許し下さいませ);

逗子・小坪は正面に海、漁港を構え、背面には緑ゆたかな山を背負い、左右は小さな岬で区切られた入り江の小さな漁村だ。古くは鎌倉の南境・小坂郷としての地域で、史跡も多く静かでのどかな所だ。
「吾妻鏡」に拠れば、源頼朝は伊豆時代の愛妾亀の前を住まわせ、それを妻政子が知る事になり、政子はその家を打ち壊してしまった、また二代将軍頼家が浜遊びをした記録がある。鎌倉の文化圏の一部だった。また昔は亀が産卵のために浜に上がって来ていたし、白鷺が舞う白鷺の浜と呼ばれていた時もあると言う。

(中略)

この日ばかりは他所で仕事をしている人も、都会で暮らしている人たちも多くが縁者を頼って里帰りする。海に魚がいなくなったと言う大人達も昨日までの厳しい顔付きは誰も見せない。
五人一組で山車に乗った子供達も一ヶ月余りのお囃子の練習の成果を発揮する時だ、目つきが真剣だ、額には汗も出ている。鉦、笛、太鼓が時間の経過と共に大きく鳴り響く。側に付いている大人も子供達の両手に釘付けになっている。

・・まさにこんな感じの盛り上がり方で、そしてこんな感じの雰囲気なのです。

由比ケ浜や材木座が殺人的になる夏の季節でもどこか静かに、そして落ち着いた雰囲気を醸し出している町である一方、小坪漁港を中心とした海の歴史がある為にRegainみたいな「よそもの」に対しては厳しい視線を感じる気配もあるのですが、そんなのはどこでも一緒。
完全燃焼させて頂きました。
3日後(もうそろそろ)訪れる筋肉痛に若干ビビり気味ですが、本当によい経験をさせて貰いました。
来年も楽しませてもらえるといいなー。


ポチッと応援、いつもありがとうございますー!
ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ

Go to Top